企業経営サポート 税金対策、節税対策。法人、個人事業主、中小企業、サラリーマンの決算。法人税、消費税、住民税
税金対策、節税対策
法人(中小企業)、個人事業主の税金対策・節税対策、税務調査対応。
税金の種類や法人税法、役員給与、決算スケジュールの解説。
節税メール電話相談
節税トップ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 取材・講演受付 | 事務所案内 | メール電話相談
  

節税対策・税金対策トップ

所得税改正点

節税対策コラム

税務調査の準備と対応

税金対策・節税対策方法

法人税法の解説
 -法人税法の基礎知識-
法人税とは?
法人税の種類・納税義務者
法人税の税率・計算
 -法人税額計算-
法人税法上の所得
課税所得の出し方(別表4)
別表4の事例
法人税額の出し方(別表1)
別表1の書き方
 -繰延資産-
繰延資産とは?
繰延資産の損金算入
繰延資産の償却期間
 -減価償却と控除と留保金-
減価償却について
特別控除(資産取得時)
特別控除(試験研究費)
特別控除(教育訓練費)
特別控除(収用など所得)
所得税額控除
外国税額控除
留保金課税
 -営業外損益・貸倒・欠損金-
受取配当・利子・株式
貸倒引当金
貸倒損失
欠損金(青色申告)
 -その他の経費-
租税公課
交際費
寄付金
給与
生命保険・会費・入会金

帳簿上の勘定科目

減価償却と特別償却

役員報酬・役員給与の決定

決算・税金届出・申告・納付

財務サポートトップ

会計知識の財務戦略入門

財務諸表(決算書)とは?

財務諸表による財務分析

財務用語集

減価償却と繰延資産
節税対策サポート > 法人税法の解説 > 貸倒引当金

貸倒引当金とは? | 個別貸倒引当金 | 貸倒引当金の対象になる個別評価金銭債権 | 一括貸倒引当金 | 貸倒引当金の対象になる一括評価金銭債権

一括貸倒引当金(一括評価)


   4.一括貸倒引当金

法人税では、債権を個別評価金銭債権と一括評価金銭債権に分類して引当金を設定する


4.一括貸倒引当金

一括貸倒引当金

一括貸倒引当金の繰入限度額の計算方法には、「貸倒実績率」による方法と、「法定繰入率」による方法があり、有利な方(繰入限度額が多い方)を選択することができます。

ただし、「法定繰入率」による方法が使えるのは、中小法人(期末資本金1億円以下の法人)のみです。

法定繰入率による繰入限度額(中小法人のみ)

法定繰入率による繰入限度額は、「一括評価金銭債権の合計額」から「得意先への債務の額(実質的に債権とみられない額)」を控除した金額に「会社の業種ごとに国が集計し算定した貸倒発生率(法定繰入率)」を乗じて計算します。

業種 法定繰入率
卸売業・小売業 10/1000
割賦小売業 13/1000
製造業 8/1000
金融・保険業 3/1000
その他 6/1000

貸倒実績率による繰入限度額

貸倒実績率による繰入限度額は、「一括評価金銭債権の合計額」(実質的に債権と見られないものの額は控除しない)に「過去3年間の貸倒損失額の発生割合(貸倒実績率)」を乗じて計算します。

 <貸倒実績率とは>

過去3年間の貸倒損失の発生割合であり、過去3年間の貸倒損失額の年平均額を一括評価金銭債権の帳簿価額の年度平均額で除して計算したものを、貸倒実績率といいます。
貸倒実績率=(過去3年分の貸倒損失の額の合計額×12/36)
        ÷(過去3年分の一括評価金銭債権の合計額÷3
       ※小数第4位未満切り上げ

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市

Yahoo!ブックマークに登録
/**/
税理士須貝明弘


事務所(東京都千代田区)
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー
  
企業経営サポート.com
財務サポート



自転車事故慰謝料請求事業融資資金調達就業規則作成変更人材派遣紹介許可労働基準法契約法解説クーリングオフ代行多重債務自己破産