事業融資・資金調達サポート
銀行、日本公庫から融資・資金調達。資金繰りの予測改善・支援。事業再生
全国どこからでも、中小企業さまのための資金調達・事業再生専門サイト
中小企業・個人事業主のための、銀行・日本政策金融公庫から融資(創業融資・資金調達)を受けるための豆知識
銀行・公庫から借入できない場合の売掛金・債権の現金化相談など
資金調達事業融資トップページサービス一覧・費用ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール電話相談
  
不動産担保融資
売掛金担保融資
ABL(動産債権担保)
  
資金繰りの基礎
  
資金調達・事業融資基礎
資金調達・融資の必要書類
自社の借入能力を知る
融資資金の使途種類
融資の申込みタイミング
融資不可の理由を考える
 -資金調達・融資のいろいろ-
無担保融資と担保融資
不動産担保融資
売掛債権担保融資
私募債で資金調達
 -大口融資-
コミットメントライン(融資枠)
シンジケートローン(協調融資)
ABL(動産債権担保融資)
メザニンファイナンス
アセットファイナンス
 -その他の資金調達-
その他の資金調達方法
  
銀行からの資金調達
  
日本政策金融公庫
  (旧:国民生活金融公庫)

  
助成金・補助金・奨励金
  
事業計画・決算書
  
資金繰り財務サポートトップ
  
財務戦略入門
  
財務諸表(決算書)とは?
  
財務諸表による財務分析
  
資金繰り財務用語集
  
減価償却と繰延資産
  
起業創業支援


 資金調達・融資サポート > 事業融資・資金調達の基礎 > 売掛債権担保融資

使える売掛金担保融資とは | 信用保証協会の売掛債権担保融資と最近の動向


売掛債権担保融資(信用保証協会)

  1. 売掛債権担保融資の最近の動向
  2. 売掛債権担保融資保証制度(信用保証協会)
/**/

売掛債権担保融資の最近の動向

不動産以外の資産で、実際に担保として売掛債権が利用できます。

最近では、売掛債権を担保とした融資が、徐々に浸透してきています。 以前は、売掛金の残高が少なくても数千万円以上、実際には億単位のものがないと担保の対象として取り扱ってもらえませんでしたが、2003年に、日銀が中小企業の売掛債権を証券化したものを購入することを決定したのを機に、小口の売掛債権でも担保として認められたり、債権自体を売却して資金化したりすることも可能になってきました。

銀行やノンバンク、商社系のファイナンス会社なども積極的に商品を出したり、売掛債権担保融資を専門に行う会社も出てきたりしています。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

売掛債権担保融資保証制度(信用保証協会)

売掛債権担保融資保証制度の主な仕組み

中小企業者が、自ら保有する売掛債権を担保として金融機関から借入れを行う際に、金融機関を通じて信用保証協会に、本制度に基づく保証の申込みを行います。保証が行われた場合、中小企業者が借入金を返済できないときは信用保証協会が金融機関に貸付残高の9割を代位弁済するとともに、金融機関及び信用保証協会は売掛債権から回収を行います。

利用対象者

中小企業者(製造業では資本金3億円以下又は常時使用する従業員数300人以下の会社等)であれば、基本的に業種に関わりなく利用できます。

実際の融資内容

融資希望額、売掛債権の状況等により、中小企業者ごとに借入極度額が設定され、その範囲内で1年間反復して融資を受けることが可能です。本制度で設定可能な借入限度額は1億1100万円です。

保証申し込みについて

すでに取引のある金融機関を通じて申し込むこととなります。具体的な取引内容が確認できる資料(基本契約書等)などの提出や、売掛先からの入金を確認するために、金融機関に専用口座を開設することが必要です。

売掛債権担保融資の要件

  • 売掛先に債権譲渡の通知をする
  • 売掛先から債権譲渡の承諾書をもらう
  • 金融機関へ売掛債権を譲渡した事を債権譲渡登記事項概要ファイルへ記録

上記の3つのうちいずれかが必要になります。

対象となる売掛債権

以下のような売掛債権のうち、売掛先が事業者であるものが、当制度における担保として利用可能です。

  • 売掛金債権(事業者に対する売掛金)
  • 割賦販売代金債権
  • 運送料債権
  • 診療報酬債権
  • 工事請負代金債権 など

譲渡禁止特約の付いた売掛債権は担保の対象となりません。売掛先から解除承諾書の提出を受ける必要があります。

借入形態・返済

個々の融資は、その時点で現存する売掛債権を引き当てとして、その金額に掛け目を乗じて得た額の範囲内で行われます。融資の返済期日は、引き当てとした売掛債権の入金予定日に設定すること(期日一括返済)が基本となります。

また、期中管理を行うため、金融機関に対して売掛債権の状況を定期的に報告することなどが求められます。

実際の借入可能額

掛債権は売掛先が倒産するリスクなどがあるため、実際の売掛金額面そのままの金額で融資を受けられるわけではありません。額面の何%になるかは、譲渡担保の保全方法、売掛先の信用度などの要因により、売掛債権ごとに異なります。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ



対応エリア
全国どこからでもご相談、資金調達お申込可能

【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、八王子市など。
西多摩郡(奥多摩町、日の出町、瑞穂町、檜原村)、離島を除く
【神奈川】
横浜市、川崎市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、大磯町、二宮町、 鎌倉市、逗子市、相模原市、秦野市、厚木市、伊勢原市、小田原市
【埼玉県】
さいたま市、川口市、鳩ヶ谷市 、蕨市、戸田市、上尾市、桶川市 川越市、所沢市、狭山市、入間市、富士見市、新座市、志木市、朝霞市、和光市、ふじみ野市 越谷市、草加市、春日部市、三郷市、八潮市、吉川市、大宮市
【千葉県】
市川市、船橋市、浦安市、鎌ヶ谷市、松戸市、柏市、我孫子市、流山市、野田市、成田市、白井市、印西市 千葉市、市原市、佐倉市、習志野市、八千代市、四街道市、八街市

Yahoo!ブックマークに登録
/**/
金森合同法務事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー
  
企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート
人材許可.com
建設業許可サポート





建設業許可、建設業法解説節税財務諸表分析決算就業規則作成変更人材派遣紹介許可労働基準法契約法解説
メール無料相談、電話面談相談