企業経営サポート 財務諸表分析と資金繰り、決算対策。貸借対照表・損益計算書の見かたをわかりやすく解説。
資金繰り財務サポート(赤沼慎太郎)
東京都(千代田区、港区、中央区、品川区、新宿区など23区)・神奈川県(川崎市、横浜市など)の資金繰り・決算・財務分析コンサルティング
財務分析無料メール電話相談
  

資金繰り財務サポートトップ

財務戦略入門

財務諸表(決算書)とは?

財務諸表による財務分析
財務分析の3つの目的
企業会計原則
 -貸借対照表による財務分析-
資本増加率で成長性分析
支払能力で安定性分析
資本・固定比率で安定性
 -損益計算書による財務分析-
利益・売上高で成長分析
利益率で収益性分析
回転率で生産性分析
インタレストカバレッジ
 -キャッシュフロー財務分析-
営業キャッシュフローマージン
営業キャッシュフローと支払能力
安全な投資を行なっているか
 -中小企業の財務指標(データ)-
中小企業の財務指標
業種別の財務指標

資金繰り財務用語集

減価償却と繰延資産

資金調達事業再生トップ

資金繰りの基礎

資金調達事業融資

事業計画・決算書

節税サポートトップ

税金対策・節税対策

節税対策コラム
資金繰り財務サポート > 財務諸表による財務分析 > キャッシュフロー計算書による財務分析(安全性)

営業キャッシュフロー対投資キャッシュフロー比率
 〜会社の安全性


営業キャッシュフロー対投資キャッシュフロー比率

バランスのとれた投資を行っているか?を判断する数値です。

営業キャッシュフロ−対投資キャッシュフロ−比率=営業CF÷投資CF×100

この指標は、営業キャッシュフローを投資キャッシュフローで割ったもので、投資キャッシュフローを営業キャッシュフローがどの程度カバーしているのかを表しています。

100%以上であれば、営業キャッシュフローで投資に必要なキャッシュがまかなえているので、投資に対して新たな資金調達をしなくてもよいことになります。

逆に、100%を切ると、通常の営業活動だけでは投資に必要なキャッシュをまかないきれず、資金の流出が常態化している可能性があります。

したがって、この比率は基本的に100%以上であることが望ましいといえます。

ただし、新規事業を立ち上げるようなときには、営業キャッシュフローだけで投資全体をまかなうことができないこともあります。

ビジネスチャンスを逃さないために、営業キャッシュフローを上回る先行投資が必要なときもあるのです。

ですから、この指標を見るときは、成長性と安全性の両方に着目して分析しなければなりません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市

Yahoo!ブックマークに登録
/**/
行政書士赤沼慎太郎

事務所紹介
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー
  
企業経営サポート.com
節税サポート
資金調達事業再生サポート



事業融資資金調達就業規則作成変更人材派遣紹介許可労働基準法契約法解説