ハーブの肥料、元肥、追肥、有機肥料、無機肥料、液体肥料、固形肥料

ハーブ・アロマホーム > ハーブの育て方・栽培方法 > ハーブの肥料

ハーブの肥料

  1. 元肥、追肥
  2. 速効性肥料、緩効性肥料
  3. 有機質肥料、無機質肥料
  4. 液体肥料、固形肥料
スポンサーリンク

元肥、追肥

肥沃な土であれば、肥料を必要としないハーブもありますが、一年草のハーブは短期間で育成するため、多くの肥料を必要とするものもあります。肥料の成分としては、窒素(N)リン酸(P)、カリウム(K)で、それぞれ窒素は葉に、リン酸は花に、カリウムは根に働きかけます。

元肥

ハーブの種や苗の植えつけのときに与える肥料のこと。土に混ぜたりする。緩効性肥料を使う。

追肥

ハーブが育っていく過程で与える肥料。液体肥料を使用することが多い。固形肥料を使用する場合は株元ではなく、鉢の縁ちかくの土の上に置く

速効性肥料、緩効性肥料

速効性肥料

効き目は続かないがスグに効く。化学合成肥料。追肥用としても利用される

緩効性肥料

効き目は長く続くが緩やかに効き目があわられる。有機質肥料と固形の化成肥料。元肥としても追肥としても利用される

有機質肥料、無機質肥料

有機質肥料

油粕、魚粉粕、鶏糞、骨粉など有機質を成分とした肥料。固形タイプは臭いが少なく扱いやすい。緩効性で成分が少しづつ溶け出るため、長時間効果が持続する。

無機質肥料

化学肥料、化成肥料などのことで、化学的に合成して作られる肥料。速効性がある。

液体肥料、固形肥料

液体肥料

液体肥料は、水で薄めて使う速効性化学肥料なので、すぐに根から吸収される。追肥として使用される。

固形肥料

固形の肥料で、有機質のものも、無機質のものもある。また、緩効性のものも、速効性のものもある


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

ハーブとアロマのホーム

▼ハーブの種類・効能

ハーブの種類(名前順)

一年草・多年草・樹木

ハーブの原産地

-注意が必要なハーブ-
喘息・高血圧・てんかんNG

-効能-
リラックス・リフレッシュ

不眠・スッキリ目覚め

集中力アップ

肩こり・頭痛・眼精疲労

胃腸・便秘・デトックス

かぜ・せき・のどの痛み

ストレス・抗うつ

生理不順・冷え・更年期

美容(痩身)・美肌

▼ハーブの育て方・栽培方法

ハーブの種まき

ハーブの用土

ハーブの肥料

鉢・コンテナで育てる

ハーブ苗の植えつけ・植え替え

病気・害虫、その対策

梅雨・夏・冬の対策

ハーブ収穫量を増やす

ハーブの収穫

▼ハーブの保存と楽しみ方

ハーブの保存方法

ハーブ成分の抽出コツ

-飲む・食べる-
ハーブティの入れ方

ハーブコーヒー

ハーブジャムの作り方

シロップ、甘味料

ハーブソルトの作り方

ハーブオイル、ビネガー

肉料理に合うハーブ

魚料理に合うハーブ

-香り・色を楽しむ-
ハーブキャンドル作り方

ポプリの作り方

サシェの作り方

染色、染料

-美容・美肌-
フェイシャルスチーム

化粧水、ローション

ハンドクリームの作り方

ハーブゴマージュ

入浴剤・バスソルト

ハーブせっけん

リンス

-薬-
うがい薬

止血剤、消毒薬、シップ

麻酔薬・痛み止め

-虫・菌よけ-
虫除けスプレー作り方

消臭殺菌スプレー作り方

▼アロマオイル(精油)

-注意が必要なアロマオイル(精油)-
妊娠中・皮膚刺激・光毒性

SiteMenu

ハーブとアロマのホーム

スポンサーリンク