ハーブティのおいしい淹れ方。ドライハーブ、フレッシュハーブティ

ハーブ・アロマホーム > ハーブの保存と楽しみ > ハーブティー

ハーブティー

ハーブティーはヨーロッパで古くから民間療法のひとつとして利用されてきました。

生葉(フレッシュ)を利用したハーブティは、すがすがしい風味と香りをたのしめます。ドライを利用したハーブティは深い味わいと効能が凝縮されています。

  1. フレッシュハーブティーの淹れ方
  2. ドライハーブティの淹れ方
  3. ハーブティの効能
スポンサーリンク

フレッシュハーブティーの淹れ方

  1. 使う分だけ摘み取ります。軽く水洗いしてホコリなどを落とし、水気を切ります。
  2. ティーポットにハーブを入れ、熱湯を注ぎます。(テースプーン山盛り2.3杯)
  3. ポットにふたをして、2,3分蒸らす。
  4. お茶をカップに注ぎます。最後の一滴まで注ぎきるようにしましょう。

※花が咲く直前の葉や、咲きかけの花が香りがよいです。

ドライハーブティの淹れ方

  1. ハーブティースプーン山盛り1杯をティーポットに入れ、熱湯を注ぎます。
  2. ポットにふたをして、3〜5分蒸らします。
  3. お茶をカップに注ぎます。最後の一滴まで注ぎきるようにしましょう。

ハーブティの効能

ティーにするハーブによって、さまざまな効能が得られます。

リラックス・リフレッシュ
不眠・スッキリ目覚め
集中力アップ
肩こり・頭痛・眼精疲労
胃腸・便秘・デトックス
かぜ・せき・のどの痛み
ストレス・抗うつ
生理不順・冷え・更年期
美容(痩身)・美肌


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

ハーブとアロマのホーム

▼ハーブの種類・効能

ハーブの種類(名前順)

一年草・多年草・樹木

ハーブの原産地

-注意が必要なハーブ-
喘息・高血圧・てんかんNG

-効能-
リラックス・リフレッシュ

不眠・スッキリ目覚め

集中力アップ

肩こり・頭痛・眼精疲労

胃腸・便秘・デトックス

かぜ・せき・のどの痛み

ストレス・抗うつ

生理不順・冷え・更年期

美容(痩身)・美肌

▼ハーブの育て方・栽培方法

ハーブの種まき

ハーブの用土

ハーブの肥料

鉢・コンテナで育てる

ハーブ苗の植えつけ・植え替え

病気・害虫、その対策

梅雨・夏・冬の対策

ハーブ収穫量を増やす

ハーブの収穫

▼ハーブの保存と楽しみ方

ハーブの保存方法

ハーブ成分の抽出コツ

-飲む・食べる-
ハーブティの入れ方

ハーブコーヒー

ハーブジャムの作り方

シロップ、甘味料

ハーブソルトの作り方

ハーブオイル、ビネガー

肉料理に合うハーブ

魚料理に合うハーブ

-香り・色を楽しむ-
ハーブキャンドル作り方

ポプリの作り方

サシェの作り方

染色、染料

-美容・美肌-
フェイシャルスチーム

化粧水、ローション

ハンドクリームの作り方

ハーブゴマージュ

入浴剤・バスソルト

ハーブせっけん

リンス

-薬-
うがい薬

止血剤、消毒薬、シップ

麻酔薬・痛み止め

-虫・菌よけ-
虫除けスプレー作り方

消臭殺菌スプレー作り方

▼アロマオイル(精油)

-注意が必要なアロマオイル(精油)-
妊娠中・皮膚刺激・光毒性

SiteMenu

ハーブとアロマのホーム

スポンサーリンク