就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 労働基準法の解説 > 労働時間 > 休憩

労働基準法・労働時間について

休憩について

  1. 休憩は皆で一緒に
  2. 休憩時間は自由時間

労働基準法では、1日の労働時間が6時間以上の場合は45分以上の休憩、 1日の労働時間が8時間以上の場合は1時間以上の休憩が必要としています。 また、特別な職種によっては、1時間に15分の休憩を要する等休憩時間に関しては決まりがあります。

スポンサーリンク

1.休憩は皆で一緒に

労働者が、休憩時間を分割してとることは可能ですが、会社としては、一斉付与の原則から、労働者全員が一斉に休憩をとれるようにすることが必要です。
why? 同僚が仕事をしている横で、自分だけ、ゆっくりと休めないから

<例外>

労使協定を締結することによって、一斉付与の原則は排除できます。一斉に休憩することで公衆に不便がある業種(運輸・販売・金融・映画・郵便・通信など)です

今すぐ相談する!

2.休憩時間は自由時間

自由利用の原則
  ⇒ 会社は休憩のしかたについて制限を設けることはできません

<例外>

警察官、消防士、児童自立支援施設・乳児院・養護施設などで起居を共にする人

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

就業規則作成変更ホーム

相談・お問い合わせ

就業規則作成変更カテゴリ

▼就業規則の基本とサンプル

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  附則・その他

就業規則の個別規程一覧

特殊な就業規則(派遣業・IT関連・私学専門学校など)

▼労働基準法解説

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

就業規則作成サポートアクセスランキングTOP10

休暇等 −就業規則モデル

賃金規程 サンプルと解説

附則など −就業規則モデル

労働時間、休憩・休日 −就業規則モデル

一般的定年、退職及び解雇 −就業規則モデル

私学・専門学校など学校法人用就業規則 −特殊な就業規則

一般的前文 −就業規則モデル

一般的採用・異動 −就業規則モデル

就業規則記載事項

IT業界用就業規則 −特殊な就業規則

SiteMenu

企業経営サポートのホーム

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ