就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 労働基準法の解説 > 労働時間 > 変形労働時間

労働基準法・労働時間について

変形労働時間について

  1. 1年単位の変形労働
  2. 1ヶ月単位の変形労働
  3. 1週間単位の変形労働
  4. フレックス制

業務によっては、暇なときや忙しいときがあります。それを調整することができます。労働者の総労働時間が労働契約の時間を超えた分については、時間外労働として、割増賃金の対象になります。


スポンサーリンク

1.1年単位の変形労働

季節によって繁閑の著しい業種で実施されます。 以下のことについて労使協定を結び、労働基準監督署に届出が必要です

変形労働制の制限

今すぐ相談する!

2.1ヶ月単位の変形労働

月末や締めの時期など、忙しい時期がある場合に、総法定労働時間を超えない範囲で利用します

総法定労働時間 = 40時間×変形期間の暦日数/7日

以下のことについて就業規則に記載することが原則です。

今すぐ相談する!

3.1週間単位の変形労働

実施する週の前日までに各労働者に通知することが原則です。 (労使協定を結び、事前に労働基準監督署へ届出が必要です)

変形労働制の制限

今すぐ相談する!

4.フレックス制

労使協定を結ぶことが必要です

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク