就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 労働基準法の解説 > 労働契約 > 試用期間中

労働基準法・労働契約について

試用期間中の労働者の身分は?

  1. 試用期間は就業規則で定めます
  2. 労働条件の明示
  3. 明示した条件と実態が異なるとき

試用期間中の賃金など、労働条件・権利義務に関しては、正社員と同じでなければなりません


1.試用期間は就業規則で定めます

  1. 2〜3ヶ月くらい。期間を定めないことは許されない。また、1年を越えるのも×。
  2. 試用期間を設けるかどうかは会社の自由です
  3. 退職金の適用期間に含めるかどうかも、会社の自由です
  4. 就業規則等で決めた試用期間を短縮することは自由にできます

今すぐ相談する!

2.試用期間延長の条件

会社が休業していたり、労働者本人が長期休暇・欠勤が多い場合に

今すぐ相談する!

3.労働者の本採用を取りやめていい場合

  1. 勤務成績が悪すぎる場合
      無断欠勤・遅刻、協調性の欠如、能力が低く仕事ができない
  2. 虚偽申告
      提出書類・採用面接時にウソをついていた。その程度が重大
  3. 会社が経営不振
      正社員を解雇しなければならなくなった

※試用開始から15日以上経っていたら、解雇予告の対象になります

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ