就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 労働基準法の解説 > 退職と解雇 > 自己都合退職

労働基準法・退職と解雇について

自己都合退職

  1. 期間定めのない場合
  2. 期間定めのある場合

労働者からはいつでも退職できることになっています。即日退職されると困るような場合は、就業規則で、事前に知らせることを義務付けるとよいでしょう。

スポンサーリンク

1.期間定めのない場合

退職は労働者の自由です。「退職願い」が提出されてから、14日後には退職させなければなりません。会社によっては、引継ぎなどの都合で、3ヶ月前までに退職願提出を義務づけている場合もありますが、労働者のやむをえない事情がある場合には、14日後には退職です。(民法627条)

今すぐ相談する!

2.期間定めのある場合

期間終了までは労働者の自己都合退職はきません。ただ、やむをえない状況である場合は、しかたありませんが、突然辞めることによって会社に大きな損害が生じる場合は、損害賠償請求ができる場合もあります

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

就業規則作成変更ホーム

相談・お問い合わせ

就業規則作成変更カテゴリ

▼就業規則の基本とサンプル

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  附則・その他

就業規則の個別規程一覧

特殊な就業規則(派遣業・IT関連・私学専門学校など)

▼労働基準法解説

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

就業規則作成サポートアクセスランキングTOP10

休暇等 −就業規則モデル

賃金規程 サンプルと解説

附則など −就業規則モデル

労働時間、休憩・休日 −就業規則モデル

一般的定年、退職及び解雇 −就業規則モデル

私学・専門学校など学校法人用就業規則 −特殊な就業規則

一般的前文 −就業規則モデル

一般的採用・異動 −就業規則モデル

就業規則記載事項

IT業界用就業規則 −特殊な就業規則

SiteMenu

企業経営サポートのホーム

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ