就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 労働基準法の解説 > 残業 > 法内・時間外などの関係

労働基準法・残業について

法内残業・時間外労働等の関係

  1. 所定労働時間と法定労働時間の関係
  2. 労働時間言葉の定義

残業代の話をする前に、言葉の定義をしておきます。


スポンサーリンク

1.所定労働時間と法定労働時間の関係

週に40時間、1日8時間(法定労働時間)の労働が基本になっています。たとえば、会社の就業規則などで決められた所定労働時間が、9時〜17時までだった場合、以下のようになります。

9:00〜 17:00〜 18:00〜 22:00〜
法定労働時間(8時間) 時間外労働
所定労働時間 残業
  法内残業   深夜残業

日によって、労働時間が異なる場合は、月の総労働時間を算出し、月の所定労働時間を引くことによって、残業時間を算出することができます。

今すぐ相談する!


2.労働時間言葉の定義

「労働時間」
会社(使用者)の指揮・監督下にあって、労働を提供している時間です。(休憩時間・通勤時間は含みません)

「法定労働時間」
労働基準法で定められた労働時間の上限のことで、1日8時間、1週間40時間です。>>労働時間について

「残業」
会社が定めた所定労働時間を超えて働くこと。

「所定労働時間」
会社が法定労働時間内で決める労働時間のことです。

「法内残業」
1日8時間以内の法定労働時間内で行われる残業です。残業代として、通常賃金の支払はしなければなりませんが、割増賃金を支払うかどうかは、会社が決めます。割増は義務ではありません。

「時間外労働」
法定労働時間を超える残業。割増賃金を支払う必要があります。 ※満18歳未満の人の時間外労働は認められていません

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク