節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 役員報酬のしくみと節税 > 役員の利益連動給与

利益連動給与とは?(条件など) | 利益連動給与額算定方法を定める手続・利益連動給与額算定方法の開示方法

役員の利益連動給与

  1. 利益連動給与とは?(条件など)

1.利益連動給与とは?(条件など)

利益連動給与とは?

利益に連動して役員に対して支払う、損金算入できる給与のこと

以前は、定額でない役員給与は賞与とみなされ、全額損金不算入として取り扱われていたわけですから、利益変動給与とするためには、非常に厳しい条件が3つあります

条件1.同族会社ではない法人であること

 ホールディング形態のような「非同族の同族会社」もNGです

 ⇒同族会社とは?

条件2.業務執行役員に対して支給する給与であること

業務執行役員とは?

↓こんな人たちは、業務執行役員として認められません↓
 監査役、委員会設置会社において業務を執行できない取締役、
  業務を執行しない取締役・社外取締役、、、など

条件3.支給額上限、算定方法を定める手続き、算定方法開示などについて一定の要件を満たす利益連動給与であること

例: 利益連動給与は、経常利益 の 0.5% とする。但し、1億円を上限とする。
    (代表取締役が40%、専務が35%、常務が25%)
   ↑キッチリ3等分しなくても、このように役職によって差があってもよい

利益連動給与の支払い時期  

利益に関する指標が確定(定時株主総会)してから1ヶ月以内に支払いをして、損金経理をしましょう。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク