財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表(決算書)とは? > 貸借対照表とは?

貸借対照表とは?

  1. 貸借対照表とは?
  2. 貸借対照表の配列方法
スポンサーリンク

1.貸借対照表とは?

貸借対照表は、会社の資金の調達状況及び運用状況を表したものです。

「資産」「負債」「純資産」から構成され、左側(借方)に「資産」、右側(貸方)に「負債」と「純資産」を表示します。

「資産」=「負債」+「純資産」となり、左側と右側の合計の数値は一致します。

右側(貸方)では、どのように資金を調達したのかという調達状況が、左側(借方)では、調達した資金をどのように運用したのかという運用状況がわかります。

【資産】

動産、不動産、債権など、会社が持っている財産の全てです。

【負債】

長期・短期借入金、支払手形、前受金など、銀行などから借り入れたお金です。

【純資産】

資本金、資本準備金、任意積立金などです。

今すぐ相談する!

2.貸借対照表の配列方法

貸借対照表は、会社の財政状況が一目でわかるということを目的に作成されていますので、一定のルールに従って、各項目が配列されています。

固定性配列法

資産(左側)、負債(右側)を固定資産(固定負債)、流動資産(流動負債)の順に記載する方法です。

これは、企業の最も重要な資産が、土地や建物などの固定資産であるという考え方がもとになっています。

しかしながら、現在ではあまりこの方法は使われておらず、設備が中心の一部の企業で使われているものです。

流動性配列法

資産、負債の項目を流動資産(流動負債)、固定資産(固定負債)の順に記載する方法です。これは、資産は早くお金にすることができる順、負債は早く支払わなければならない順に記載するという方法です。

つまり、換金性の高い順に記載しているのです。この方法のメリットは、企業の支払能力が把握しやすいということです。

貸借対照表が、会社の財政状況を知るためのものという役割から考えると、固定性配列法に比べてより合理的な方法です。現在の企業会計では、流動性配列法が原則となっています

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク