財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表(決算書)とは? > 財務諸表(決算書)とは?

財務諸表(決算書)とは?

  1. 財務諸表(決算書)とは?
スポンサーリンク

財務諸表とは?

会社は、「物を買った」「物を売った」「家賃を払った」「社員に給料を払った」など様々な取引をしています。そして、それらの取引全てを記録しなければなりません。

その記録した書類を財務諸表といいます。

税法で決算書と呼ばれているものが、証券取引法では財務諸表と呼ばれます。呼び方が違うだけで基本的に同じものだと考えてください。

財務諸表といってもそのような名称の書類があるわけではありません。いろいろな種類の書類の総称を財務諸表というわけなのです。

これまでは、基本的に

でしたが、新会社法施行により「利益処分(損失処理)案」がなくなり、代わりに

が加えられました。

また、「営業報告書」は「事業報告書」と名称が変更になりました。

「事業報告書」と「附属明細書」は中小企業には添付の義務がありませんので、作成しない企業が多いです。

近年では、「貸借対照表」「損益計算書」に並んで、「キャッシュフロー計算書」が重要視される傾向にあります。

「キャッシュフロー計算書」は作成義務はありませんが、融資の際などには必要になることが多く、実際の現金の流れを把握できるものなので、是非とも作成して頂きたい決算書です

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク