建設業許可サポート 〜行政書士小野総合法務事務所〜

 建設業許可サポート > ご依頼の流れ・手続手順〜お見積もりからアフターフォローまで

ご依頼の流れ(手順)
  〜お見積もりからアフターフォローまで〜


電話・メールによるお客さまからのご相談・見積依頼
※電話でのお問い合わせ時にも、なるべくお名前・会社名をお知らせくださいますようお願いいたします。
メールにて、必要事項のご質問と、面談日の決定

※面談が必要な理由

メール・電話にて概要等はご説明できますが、ご相談内容・提供サービスの性質上、お会いして、人的要件の経歴・実績・疎明資料についてなどお聞きしたほうが、的確なアドバイス、提案をすることできます。
特に創業時融資を受ける場合や資金調達の必要性がある場合は、事業計画のみなおし、財務分析等も含めコンサルティングもお申し込みいただけます。

※必要な情報は?

1.創業年月日、事業内容、責任者等の資料

2.希望取得日、会社設立・定款変更の要否

3.希望融資額、自己資金額、現在の融資状況(融資が必要な場合)

4.その他、気になること

 

※面談時に必要な資料情報は?

・決算書3期分(3期未満の会社の場合、全て)
・役員、管理者、技術専任者などの経歴がわかる資料
・創業から現在までの受注資料など
・その他必要に応じて、メールご相談時に指示いたします

 

※融資が必要な場合に面談時に必要な資料情報は?

・決算書3期分(3期未満の会社の場合、全て)
・以下の書類は、あれば準備お願いします。メモでも可です。
 試算表、資金繰り表、事業計画書、資金計画書
・既存の借入れ明細書
・その他必要に応じて(創業融資をご希望の場合は創業に関わる資料など)

面談相談・お見積の提示
※ご相談のみでも大丈夫です。ご依頼時には見積もりを提示いたしますので、見積もり確認後、正式にご依頼ください。また、決算期の関係で早めに請求書が必要な方はお申出ください。
正式依頼
※行政書士報酬・必要経費(登録免許税や申請費用など)のお振込みを願います。入金後、業務に着手いたします。
スケジューリング調整
※基本的には、面談で行いますが、電話やメールなどでも可能です。
必要書類の収集
※お客さまに収集していただくものをリストにしてお渡しします。(当方で収集できるものについては、できるだけ当方にて収集させていただきます)
会社設立・登記事項変更・許可申請・資金調達などご依頼業務完了
ご希望の方のみ、顧問契約(有償)
※お客さまのキャッシュフローなど財務状況のコンサルティングをしながら、建設業ならではのリスクヘッジなどに対応します。
顧問料については、事業規模、記帳の有無などにより、変化しますので、詳細はお尋ねください。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

建設業許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼建設業法の解説

-建設業法個別解説-

建設業法の『建設業』定義

一般建設業の許可

特定建設業の許可

-建設業法条文(全55条)-

総則・建設業の許可

建設工事請負契約・契約に関する紛争処理

施工技術確保

経営事項審査

団体・監督・中央建設業審議会等

雑則・罰則

-建設業法施行令・施行規則-

建設業法施行令

建設業法施行規則

▼建設業許可申請(新規・変更・更新)

-基礎知識-

建設業許可の種類・区分

建設業許可業種一覧(28種類)

許可がいらない建設工事

-建設業許可申請手続きの具体的な書類-

建設業許可申請手続き

建設業許可申請区分による申請書・添付書類一覧

建設業許可申請書〜誓約書

管理責任者・主任技術者・監理

略歴書〜取引先銀行名

-建設業許可の具体的要件-

管理責任者・専任技術者・監理技術者要件

経営者の誠実性と欠格事由

財産的基礎・金銭信用要件

-許可取得後の変更申請-

商号・組織・営業所・業種

役員・支配人・使用人

経営管理者・主任技術者・監理技術者

資本金・決算変更

-よくある質問Q&A-

許認可に関するQ&A

▼経営事項審査(経審)・入札・決算変更

経営規模等評価申請(経営事項審査)とは?

SiteMenu

建設業許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

提供サービス一覧

ご依頼の流れ

取材・講演受付