就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 就業規則モデル解説 > 服務規律

就業規則モデル

服務規律

  1. 一般的服務規律モデル
  2. 解説

労働者に守らせたいルールを記載。会社の秩序を維持するためのものです。髪型・服装にはじまり、機密保持やセクハラ防止について定めます。禁止したい事柄を漏れなく記載します


第3章 服務規律モデル

第10条(服務)

従業員は、職務上の責任を自覚し、誠実に職務を遂行するとともに、会社の指示命令に従い、職場秩序の維持に努めなければならない。

第11条(遵守事項)

従業員は、次の事項を守らなければならない。

第12条(セクシュアルハラスメントの禁止)

相手方の望まない性的言動により、他の従業員に不利益や不快感を与えたり、就業環境を害するようなことをしてはならない。

第13条(出退勤)

従業員は、始業及び終業時にタイムカードを自ら打刻し、始業、終業時刻を記録しなければならない。

第14条(遅刻、早退、欠勤等)

1 従業員が、遅刻、早退若しくは欠勤をし、または、勤務時間中に私用で事業場から外出するときは、事前に申し出て許可を受けなければならない。ただし、やむを得ない理由で事前に申し出ることができなかった場合は、事後速やかに届け出なければならない。

2 傷病のため欠勤が引き続き○日以上に及ぶときは、医師の診断書を提出しなければならない。

今すぐ相談する!


解説

不良従業員を注意するとき・改善するときの根拠になりますので、この項目はしっかりと作ることが必要です。また、就業規則でセクハラ・パワハラ防止規定を明記することによって、男女雇用機会均等法にある『セクハラ防止のための雇用管理上必要な配慮』がなされていると認められます。

遅刻・早退などの取扱や、欠勤が続いたときの対処についても明記しましょう。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ