就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 就業規則モデル解説 > 退職金

就業規則モデル

退職金

  1. 一般的退職金モデル
  2. 解説

退職金の支払いについて、労働者の範囲・退職金額(計算方法)などを記載します。退職金の支払は会社の判断にゆだねられますが、退職金規程がある場合は、必ずその規程どおりに支払う義務が生じてきます。退職金を支払わないつもりであれば、退職金の項目を作成してはいけません。


スポンサーリンク

第8章 退職金モデル

第41条(退職金の支給)

勤続○年以上の従業員(嘱託を除く。)が退職し又は解雇されたときは、この章に定めるところにより退職金を支給する。ただし、第51条第2項により懲戒解雇された者には、退職金の全部又は一部を支給しないことがある。

第42条(退職金の額)

1 退職金の額は、退職または解雇時の基本給の額に、勤続年数に応じて定めた別表の支給率を乗じた金額とする。

2 第9条により休職する期間は、会社の都合による場合を除き、前項の勤続年数に算入しない。

第43条(退職金の支払方法及び支払時期)

退職金は、支給事由の生じた日から○か月以内に、退職した従業員(死亡による退職の場合はその遺族)に対して支払う。

今すぐ相談する!

解説

退職金についても、賃金と同じように、別途『退職金規程』を作成する場合が多いです。退職金は、必ず支払わなければならないものではありませんが、支払をするのであれば、この規定は必要になります。

トラブル回避のために、退職金適用社員の範囲(正社員・パートアルバイト・勤続年数など)・退職金額計算方法・支払い方法・支払時期などを詳細に決めてきましょう。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク