就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 就業規則モデル解説 > 総則

就業規則モデル

総則

  1. 一般的総則モデル
  2. 解説・注意点

就業規則の目的や適用範囲などを記載。 就業規則はリスク回避・トラブル回避のためのものであり、会社だけでなく労働者も守ります。今後のトラブルを最小限に抑えるためにも、言葉の定義を明確にしておきます。


スポンサーリンク

第1章 総則モデル

第1条(目的)

1 この就業規則(以下「規則」という。)は、従業員の労働条件、服務規律その他の就業に関する事項を定めるものである。

2 この規則に定めのない事項については、労働基準法その他の法令の定めによる。

第2条(適用範囲)

この規則は、すべての従業員に適用する。ただし、パートタイム従業員等の就業に関し別の定めをした事項については、その定めによる。

第3条(規則の遵守)

会社及び従業員は、ともにこの規則を守り、たがいに協力して業務の運営に当たらなければならない。

今すぐ相談する!


解説

前文がない場合は、ここの総則で、会社のビジョン・経営理念を記載し、従業員の責務について明示します。

 また、就業規則に定められていない事柄については、労働基準法やその他の法令に従います。何も記載しなくても、法令が労働条件の最低条件になるのですが、明記することで、会社も従業員も意識が高まるでしょう。

 雇用形態が異なる従業員がいる場合で、労働条件が違う場合は、パート・アルバイト・契約社員・派遣社員など用に規程を作成したほうがいいでしょう。この就業規則に別規程に定めることを記載したときは、必ず、別規程を作ってください。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク