就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 特殊な就業規則 > IPO用

IPO(株式公開)用就業規則

  1. 前文・総則
  2. 採用・異動・服務規律・教育訓練・賃金
  3. 労働時間・休憩・休日・休暇など
  4. 退職・解雇(懲戒を含む)

IPO(株式公開)時には、この基礎となる就業規則だけでなく、個別規程を山ほど作成しなければなりません。IPO時には、従業員とのトラブルは絶対NGです。また、就業規則もキッチリ作りこみましょう。IPOコンサルティング会社と提携しており、労務トラブルを回避する就業規則や内規の作成は、、得意です(^^)


1 前文・総則

株式公開をする会社ですから、経営者だけでなく社員も希望に満ちていることと思います。会社のビジョンや創業者の経営理念などを社員に理解してもらい、社員のモチベーションアップに繋がるように作成することが必要です。もちろん、上場企業にふさわしい就業規則が必要だと感じます。

目的、適用範囲など

就業規則の適用範囲を明確にしますが、雇用通知書や労働条件明示書などにより、適用する就業規則の条項を定めておくとよいでしょう。

今すぐ相談する!

2 採用・異動・服務規律・教育訓練・賃金

採用については、採用試験をパスした人のみが正社員になるということです。その他、業種、会社規模によっても異なりますので、一般的な規定のほかに、貴社ならではの規律を盛り込みます。

就業規則だけでなく、個別規程をそれぞれの項目で作成し、詳細を盛り込んでいきましょう。

>>IPO時に必要な個別規程一覧

今すぐ相談する!

3 労働時間・休憩・休日・休暇など

労働者とのトラブルは御法度です。労働時間や就業形態、また残業が必要になるでしょうから、36協定なども作成します。

今すぐ相談する!

4 退職・解雇(懲戒を含む)

正社員の解雇や、自主退社の取扱や、懲戒については、細かく規定します。特に懲戒解雇の場合は、列挙主義ですので、想定できる全てについて細かく記載します。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ