就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 労働トラブル > 機密情報漏えい、秘密漏洩

労働トラブル

機密情報漏洩・秘密漏洩トラブル

  1. 退職者による機密情報漏洩トラブル実例
  2. 個人情報漏洩トラブル実例
  3. 1.2の対処法と就業規則作成時に気をつけたい点
/**/

1.退職者による機密情報漏えいトラブル実例

役付けではありませんでしたが、当社の営業ノウハウなどかなり濃い情報を持っていた人間が退職しました。彼は自分のそれを自分のキャリアの一部として、次の会社で利用するつもりでいるようです。同業の競合会社への転職を規制することはできないと聞きましたが、なんとかして、当社の企業秘密を漏洩させない手立てはないでしょうか。

あきらかに彼が原因で当社に損害が被った場合には損害賠償請求も辞さないつもりですが、どのようにしたら、自社の損失を最小限に抑えられるのでしょうか?

 >> 3.対処法へ

今すぐ相談する!

2.個人情報漏洩トラブル実例

アルバイトが、先日、当社の顧客名簿を持ち去りました。持ち去ったといっても、顧客データをコピーしていったようです。当社では、正社員のみがアクセスできるようにしていたつもりでしたが、パスワードを長期間変更しなかったため、このような事態になったと思っております。その点については、会社の責任も重いとは思いますが、顧客に対してどのように対応していけばよいでしょうか?もちろん、謝罪と現状をお伝えするつもりです。

また、今後、このようなことがおこらないように、アドバイス願います。

今すぐ相談する!


3.対処法と就業規則作成時に気をつけたい点

。不正競争防止法が改正された

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ