就業規則作成変更サポート シリウス総合法務事務所

就業規則作成変更サポート > 労働トラブル > 解雇

労働トラブル

解雇トラブル

  1. 不当解雇トラブル実例
  2. 懲戒解雇トラブル実例
  3. 1.2の対処法と就業規則作成時に気をつけたい点
/**/

1.不当解雇トラブル実例

経営状態が悪く、やむを得ず解雇をしたところ、その人から『不当解雇』だと言われ、解雇予告手当ての他にも給料の3か月分も金銭要求されています。会社としては、雇用し続けることができないという理由があっての解雇ですので、解雇予告手当て以外は支払うつもりはありませんが、どのように相手を納得させたらいいでしょうか?

 >> 3.対処法へ

今すぐ相談する!

2.懲戒解雇トラブル実例

当社は、従業員が10人以下のため、就業規則を作成しておりませんでした。このたび、ある従業員が取引先から当社の信用を失墜させるようなことをしました。当然、懲戒解雇だと思うのですが、就業規則がない場合は、懲戒解雇ということはできないのでしょうか?

本人が謝罪し、自ら辞めるというなら、諭旨退職でもいいかとは思っていますが、現在、本人は謝罪の意識もなく、「就業規則に列挙された理由以外で、懲戒解雇はできないはずだ。就業規則がないなら、なおさら懲戒処分はできないから、もし解雇なら、不当解雇だ」と、開きなおっている状況です。自分のやったことを省みず、信じられない言動ですが、、だからこそ、どうしても、この人には辞めてもらいたいと思っています。できれば、即日解雇で、解雇予告手当ても支払いたくありません。なにか良い方法はないでしょうか?

今すぐ相談する!

3.対処法と就業規則作成時に気をつけたい点

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

相談・お問い合わせ

就業規則の基本

就業規則モデル解説

  前文

  総則

  採用・異動

  服務規律

  労働時間・休憩・休日

  休暇等

  賃金

  定年・退職と解雇

  退職金

  安全衛生・福利厚生等

  教育訓練

  表彰及び懲戒

  その他

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧

SiteMenu

就業規則作成変更サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ