節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 税務調査 > 税務調査とは?

税務調査の目的・税務調査の時期 | 税務調査の流れ・期間

税務調査とは?

  1. 税務調査の目的
  2. 税務調査の時期

1.税務調査の目的

税務調査には大きく分けて強制調査と任意調査とがあります。

強制調査とは、悪質な脱税を行った場合に行われるもので、いわゆる『マルサ』と呼ばれるものです。一般的に税務調査というと任意調査のことを指します。

任意といっても、税務調査自体については受任義務という義務により、税務署に極力協力しなければなりません。

<税務調査の目的>

税務調査は本来、不正を見つけるという目的ではなく、現況を把握し、きちんと申告しているのかを確認したり指導したりするためのものです。日本では申告納税制度ですから、正しい申告を行っているかの確認だと思ってください。

税務調査というだけで過剰に反応することはありません。

今すぐ相談する!

2.税務調査の時期

基本的に、会社を立ち上げて3年が過ぎた頃に一度、そこで不正や怪しい処理が見つかった場合はそれから3年ごとに入るというケースが多いのですが、10年間全く調査に入られていない会社というのも珍しくありません。

前回不正が見つかった会社や税務署で重点業種に指定されている業種に属する会社、売上規模が大きめの黒字の会社は税務調査の対象となりやすいといえます。急激に業績が向上した会社や多額の貸倒がある会社、土地建物の取引があった会社なども税務調査対象になりやすいです。

調査の時期は特に決まっていませんが、3月決算の会社が多いことから9月に行われることが多いようです

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク