節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 法人税法の解説 > 寄付金

寄付金の経費扱いについて

  1. 寄付金とは?
  2. 寄付金の損金算入限度額

会社が行った寄附は、その一部が損金とならないことがある


1.寄付金とは?

企業の活動は、経済原理の上に立っていますので、無償の行為はないはずです。

しかし、一方で企業は社会の一員としての立場がありますので、場合によっては、相手からの見返りを期待しない、一方的な経済的利益提供も生じます。

交際費と違い、事業活動に直接関連がない場合の支出を寄附金といいます。

法人税の取扱い

寄附金は、経費の一つではありますが、これがすべて損金として認められると、必要以上に寄附行為を行って税負担を逃れるなどの税金の公平さを失うことになります。

そのため、寄附金のうち、損金算入限度額を超える部分は、「損金」としては認められないことになっています。従って、別表4で加算されることになります。

今すぐ相談する!

2.寄付金の損金算入限度額

損金不算入額

寄附金を次の3種類に区分してそれぞれの取扱いを定めています。
損金算入限度額はその会社の資本金や所得の大きさに応じて計算します。

  1. 国等に対するもの、指定寄附金‥‥全額損金算入
  2. 特に公益性の高い団体(特定公益増進法人)に対するもの‥‥損金算入限度額までは損金算入、超える金額はその他の寄附金に含める
  3. その他の寄附金‥‥損金算入限度額までは損金算入

損金算入限度額

  1. 資本基準額
    期末資本金等の額×当期の月数/12×2.5/1,000
  2. 所得基準額
    (別表4仮計の金額+支出寄附金)×2.5/100
  3. 損金算入限度額
    @+A×1/2

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク