節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 税金対策・節税対策方法 > 法人住民税節税

法人住民税節税

  1. 法人住民税
  2. 法人住民税の節税ポイント(ほんのちょっとだけど)

1.法人住民税

会社の税金というと法人税という印象がありますが、法人税の他にも支払わなければならない税金があります。地方税では法人住民税があります。

法人住民税には都道府県民税と市民税(町村)があります。(東京都の特別区内のみの法人は法人都民税のみとなります)。法人住民税も法人税と同じく申告納税制度になりますので、確定申告書を作成し提出しなければなりません。

<提出先>

・都道府県民税‥‥本社や営業所がある都道府県

・市民税(町村)‥‥本社や営業所がある市町村

<納付期限>

各事業年度終了の日の翌日から2ヶ月以内

<法人住民税の内訳>

都道府県、市区町村に事務所や事業所を有している会社は、均等割額と法人税割額の両方が課税されます。

その都道府県、市区町村に事務所や事業所がなく、寮や宿泊所などの従業員の慰安、宿泊、娯楽等を目的とする施設を有する会社は、均等割額のみが課税されます。

※公共法人や公益法人の公共事業については住民税が課税されません。

今すぐ相談する!

2.法人住民税の節税ポイント

均等割額は均等割額×事務所などを有していた月数÷12となりますが、月の途中での設立の場合、その月はカウントされません。

例えば、設立日が4月1日で3月決算の場合、事業年度月数は12ヶ月ですが、設立日を4月2日にした場合、4月はカウントされませんので事業年度月数は11ヶ月となります。

設立日を月の途中にすることで、若干ですが節税できます。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク