節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 税金対策・節税対策方法 > 効率よく経費を使って節税

経費を使うためにはキャッシュが必要 | 資金繰り予定表の作成 | 節税になる経費・ならない経費

効率よく経費を使ってするためには現金が必要

  1. 経費を使うためにはキャッシュが必要

1.経費を使うためにはキャッシュが必要

「税金で持っていかれるなら経費として使ってしまおう」と思うことがあると思います。

期末近くになって、予想以上に利益が大きくなった場合、会社の備品を買ったり、社員に臨時ボーナスとして還元したりして、損益計算書の利益を少なくし、支払う税金を少なくすることはよくあることです。

しかし、「勘定合って銭足らず」という言葉があるように、帳簿上では利益になっていても現金として存在していない場合があります。

これは、帳簿に計上するタイミングと手形や売掛金を回収するタイミングにタイムラグがあることにより起こります。

資金繰りが苦しくなる、つまりキャッシュが手元にない状態では、節税は上手くいきません。なぜなら、経費を使うためにはキャッシュが必要だからです。

会社が効率よく節税するためには、資金繰りをよくする必要があります。

資金繰りをよくすれば、期末近くになって利益が予想以上に上がっても、必要な経費を上手く使い、節税を図ることができるのです。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク