節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 税金対策・節税対策方法 > 寄付金で節税

寄付金で節税

  1. 寄付金
  2. 寄付先別税務上取扱いの違い

1.寄付金

経費をすべて計上してもまだ多くの利益が出る場合、税金をさらに抑えたいときには、社会貢献にもなる寄付金という手があります。(ただ、社内にお金を残したくて節税をするのですから、「寄付で社会貢献」という目的以外で、節税のために寄付というのはどうかと思いますが。)

寄付金といっても募金や災害時の義援金だけではありません。

税務上、寄付金として扱われるものには、金銭、物品その他経済的利益の贈与、拠出金、見舞金などがあります。

ただし、取引先関係に対する収賄行為などの性質があるものは寄付金として認められません。

寄付金は、どこに寄付したかによって、税務上の扱いがまったく違ってきます。

今すぐ相談する!

2.寄付先別税務上取り扱いの違い

<指定寄付金>

具体的には、国公立の学校施設の増改築に使われる寄付金や日本赤十字社に対する義援金などがこれにあたります。これらは、全額が損金算入できます。

<特定公益増進法人に対する寄付金>

具体的には、日本育英会(事業資金の性質のもの)や日本赤十字社(事業資金の性質のもの)に対する寄付金がこれにあたります。ただし、この場合には全額が損金算入できるわけではなく、損金算入限度額が設けられています。

損金算入限度額={(期末資本金額×当期月数/12×0.25%)+(当期所得金額×2.5%)}×1/2

寄付金の合計額と上記の損金算入限度額のどちらか少ない金額が損金算入となります。

<その他の寄付金>

具体的には、日本道路公団や神社、寺、宗教法人や政治団体などへの寄付金がこれにあたります。損金算入限度額は、特定公益増進法人に対する寄付金の場合と同じです。

注意点

寄付した団体から受領書や証明書を必ず貰ってください。それがないと控除は受けられません。また、寄付金の判定基準は非常に難しいため、支出する前に税理士などの専門家に確認するようにしてください。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

節税サポートアクセスランキングTOP10

貸倒引当金

対象になる受取配当等-営業外損益(特別損益)の取り扱い

特別償却(減価償却)

留保金課税

貸倒損失とは

特別控除(収用など所得)とは

製造業の勘定科目〜製造原価報告書関連(工場の費用)

減価償却費の損金算入

租税公課の納税充当金

減価償却資産の耐用年数表(別表第一)機械及び装置以外の有形

節税サポートカテゴリ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却、超過額と限度額、償却方法や損金算入

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

同族、非同族の同族会社、特殊支配同族会社

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

法人の税金と納税スケジュール(法人)

個人事業が納める税金

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ