節税サポート ~税理士須貝明弘事務所~

節税対策サポート > 税金対策・節税対策方法 > M&Aで節税

M&Aで節税

  1. 税制適格合併のメリット
  2. 税制適格合併と非適格合併
スポンサーリンク

税制適格合併のメリット

税制適格合併に該当するためには、グループ内の組織再編か、共同で事業を行うための合併か、どちらかの類型に該当する必要があり、下記にあげる一定の条件をクリアする必要があります。この選択時期としては、合併会社と被合併会社が合併契約書を締結する前までに選択する必要があります。

(1)グループ内組織再編

① 保有割合100%の完全支配関係のある会社間の合併

② 保有割合50%超100%未満の支配関係のある会社間の合併

(2)共同事業を行うため

■適格合併のメリット

今すぐ相談する!

税制適格合併と非適格合併

合併には、両方の会社が解散して1つの会社を設立して解散会社の財産などを引き継ぐ「新設合併」と、一社が存続し他の会社が解散をして財産などを存続会社に引き継ぐ「吸収合併」とがあります。実際に多く行われており、M&Aと呼ばれるものは吸収合併です。

また、合併における法人税の取扱いには、税制適格合併と税制非適格合併とがあります。

平成13年の税制改正において、組織再編税制が整備され、合併における資産等を移転した場合の所得金額の計算については、その移転資産等を帳簿価額により引継ぐか又は時価による譲渡かのどちらかの方法となります。

つまり、被合併会社において譲渡損益を認識しない税制適格合併と、その移転資産等を時価により譲渡したものとして被合併会社の所得計算をおこなう税制非適格合併があります。

課税関係を生じさせたくない場合には税制適格合併が有利であり、資産の含み損益を税務上実現化したい場合には税制非適格合併が有利となります。

合併については、要件も作業も複雑なため、詳細については必ず税理士に相談してください。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

節税サポートアクセスランキングTOP10

貸倒引当金

対象になる受取配当等-営業外損益(特別損益)の取り扱い

特別償却(減価償却)

留保金課税

貸倒損失とは

特別控除(収用など所得)とは

製造業の勘定科目~製造原価報告書関連(工場の費用)

減価償却費の損金算入

租税公課の納税充当金

減価償却資産の耐用年数表(別表第一)機械及び装置以外の有形

節税サポートカテゴリ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の内容と目的、対策方法

節税方法~経費の処理や科目による対策

期末の節税対策・税金対策

開業時・別会社・M&A・税制利用で節税

付帯税の税率や計算方法(利子税、延滞税、重加算税など)

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却、超過額と限度額、償却方法や損金算入

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

同族、非同族の同族会社、特殊支配同族会社

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

法人の税金と納税スケジュール(法人)

個人事業が納める税金

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

企業経営サポートのホーム

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ