節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 税金対策・節税対策方法 > 在庫管理で節税

在庫は売上原価から除外される・資産になる | 税務調査でチェックされる

在庫管理で節税

  1. 在庫は売上原価から除外される
  2. 在庫は資産になる

1.在庫は売上原価から除外される

在庫(棚卸資産)管理も節税対策には重要です。在庫を多く抱えると節税にはなりません。

<在庫は売上原価から除外される>

例えば、小売業の場合、仕入れた商品のうち在庫分は売上原価から除かれるため、間接的に課税対象になっているのです。

企業会計には、売上を上げるのに使った分だけを原価として認識するというルールがあります。(費用収益対応の原則)

つまり、どんなに多額の仕入を行っても、その商品が在庫として残っているうちは売上原価から除かれてしまい、損金にはならないということです。

今すぐ相談する!

2.在庫は資産になる

また、在庫は貸借対照表では「商品」という勘定科目で表示され資産となります。会社の決算書では、資産が多いと利益は増加します。

つまり在庫が多ければ多いほど業績がよく表示され、結果、税金負担も増加してしまうことになります。

では、期末に在庫が大量に残ってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

・見切り品として処分する

売れ残った商品は、たとえ赤字になってでもバーゲンなどの見切り品として売ってしまったほうがよいでしょう。売ってしまえば、売上原価に算入できるからです。見かけ上の利益よりもキャッシュを優先したほうが健全といえます。

※会社関係者へ売却する場合、寄付や給与とみなされる可能性がありますので、必ず公正妥当な金額で売却しましょう。

・廃棄処分する

廃棄する場合は、廃棄したことがわかるような証拠書類を残しておきましょう。廃棄した事実がわからない(書類がない)状態での廃棄は避けたほうが賢明です。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク