学校経営サポート シリウス総合法務事務所

学校経営労務サポート > 労務管理 > 教員の賃金・給与

私立学校教職員の賃金・給与

  1. 賃金決定方法
  2. 賃金の定めに関する義務
  3. 各種手当て
/**/

1.賃金決定方法

私立学校の教職員の賃金を定める方法として代表的なものは、

  1. 春闘方式により各私立学校独自の賃金体系を取るもの
  2. 毎年8月に発表される人事院勧告に準拠して定める方法

があります。 1の春闘方式の場合、毎年ベースアップの為の団体交渉が行われることになります。

今すぐ相談する!

2.賃金の定めに関する義務

教員の賃金については、就業規則の中で

  1. 賃金の決定
  2. 計算及び支払いの方法
  3. 賃金の締切及び支払いの時期並びに昇給に関する事項

を定めて行政官庁に届け出なければなりません。これらの事項を変更するときも同様です。

就業規則は、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付すること、その他の厚生労働省令で定める方法によって、教職員に周知させなければなりません。 これらに違反すると30万円以下の罰則があります。

今すぐ相談する!

3.各種手当て

手当ての種類

管理職手当、扶養手当、調整手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当、休日手当、夜勤手当、宿日直手当、期末手当、勤勉手当・・・など

支給基準と金額

支給基準を就業規則又は給与規定で定め、具体的な金額は、理事長が別に定めるのが適当です

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

学校経営サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼私立学校教職員の労務管理

教員の労働契約

教員の労働時間・休日

教員の賃金

教員の解雇

労働組合との対応

▼個人情報保護

個人情報保護の基本

情報の共同利用と保管について

 -生徒の個人情報管理-

生徒の個人情報Q&A

 -教員の個人情報管理-

教員の個人情報Q&A

▼就業規則・個別規程

就業規則とは?

私学就業規則の注意点

 -就業規則作成変更サポート-

>> 就業規則のサイトです

▼開示問題判例

情報開示問題.判例

▼定年延長・再雇用制度義務化

高齢者雇用確保措置

継続雇用制度導入注意点

雇用条件見直し時の注意点

継続雇用対象者基準例

勤務延長制度のメリット・デメリット

再雇用制度のメリット・デメリット

助成金の活用

給与額をおさえて手取りを増やす

SiteMenu

学校経営サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

提供サービス一覧

ご依頼の流れ

取材・講演受付

スポンサーリンク