学校経営サポート シリウス総合法務事務所

学校経営労務サポート > 定年延長再雇用 > 再雇用制度のメリット

再雇用制度のメリット・デメリット

  1. 再雇用制度の特色(メリット)
  2. 学校にとってのデメリット

1.再雇用制度の特色(メリット)

「再雇用制度」は「勤務延長制度j と異なり、再雇用後の処遇を変更しやすい特色を持ちます。これは、「再雇用制度」が定年到達時に雇用関係を終了させ、新たに再雇用契約を締結するためです。

当然、一旦雇用契約が終了していますから、従前となる条件を提示したとしても不利益取扱には該当しません。 例えば、正社員であったものを、パートやアルバイトにすることも可能です。

また、「勤務延長制度」では、【賃金、退職金、ポスト不足などによる人事の停滞】 などの問題点がありましたが、「再雇用制度」では、そのような問題が発生する可能性が低いのです。なぜなら新契約では、年功賃金を採用していても、新たな段階からの雇用ですし、退職金も再雇用の前に払うことで清算ができます。ポスト不足に関しても、以前の地位や職種を約東する必要はありません。

今すぐ相談する!

2.学校にとってのデメリット

「再雇用制度」のデメリットですが、実は「勤務延長制度」では、問題なく解決されていた「雇用のミスマッチ」が発生する危険があるのです。 「賃金が減って、地位もなくなるなら、別に無理して働く必要もない」という考えに達する高年齢者も多いでしょう。

「再雇用制度」は、再雇用契約に対して高年齢者が拒否する可能性を抱えている制度でもあります。大きな学校においては退職金問題や年功賃金、役職不足などによる人事の停滞等の問題を回避するために「再雇用制度」を導入する比率が高く、学校規模が小さくなるにつれて、若年労働者の定着率の問題などから、労働力を維持するために「勤務延長制」を導入する比率が高くなるという現状があります。

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

学校経営サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼私立学校教職員の労務管理

教員の労働契約

教員の労働時間・休日

教員の賃金

教員の解雇

労働組合との対応

▼個人情報保護

個人情報保護の基本

情報の共同利用と保管について

 -生徒の個人情報管理-

生徒の個人情報Q&A

 -教員の個人情報管理-

教員の個人情報Q&A

▼就業規則・個別規程

就業規則とは?

私学就業規則の注意点

 -就業規則作成変更サポート-

>> 就業規則のサイトです

▼開示問題判例

情報開示問題.判例

▼定年延長・再雇用制度義務化

高齢者雇用確保措置

継続雇用制度導入注意点

雇用条件見直し時の注意点

継続雇用対象者基準例

勤務延長制度のメリット・デメリット

再雇用制度のメリット・デメリット

助成金の活用

給与額をおさえて手取りを増やす

SiteMenu

学校経営サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

提供サービス一覧

ご依頼の流れ

取材・講演受付