節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 法人税法の解説 > 給与

給与の経費扱いについて

  1. 役員に対する給与
  2. 従業員(使用人)に対する給与
  3. 特殊支配同族会社の特例(平成22年に廃止)

役員に対するものか、一般の従業員に対するものかにより、法人税の取扱いが異なる


1.役員に対する給与

役員とは、取締役や監査役といった、会社の経営にあたる人のことをいいます。

会社の役員も、その仕事に対しては報酬を受けます。ただ、一般従業員の給与などは、会社の雇用契約に従って支払われるのに対し、会社と役員の関係は「委任」という形になっています。

そこで、会社から支払われる報酬の扱いも、従業員の場合と少し異なっています。経理処理を誤ると、税務上大きく不利になることもありますので、細かい注意が必要です。

役員に対する給与(退職給与は除く)は、次に掲げるものは損金の額に算入され、それ以外のものは損金の額に算入されません。

ワンポイント!

上記に該当する場合であっても、不相応に高額な部分の金額は損金にはなりません。また、役員退職給与は、原則として損金の額に算入されますが、不相応に高額な部分の金額は損金になりません。

>>役員報酬についてもっと詳しく!

今すぐ相談する!

2.従業員に対する給与

法人税では、役員以外の一般の従業員のことを「使用人」といいます。

この使用人に対する給与は、労働の対価として全額が「損金」として認められます。

ただし、例外的に、使用人のうちでも役員の親族(「特殊使用人」という)に対するものであって、支給金額が不相応に高額な部分の金額は損金にはなりません。

今すぐ相談する!

3.特殊支配同族会社の特例

平成22年廃止されました。

次の@とAのいずれも満たす場合(「特殊支配同族会社」という)には、業務主宰役員に対して支給する給与のうち一定の金額は損金の額になりません。

  1. 同族会社の業務主宰役員等が発行済株式の90%以上を有すること
  2. 業務主宰役員とその親族の役員の総数が常務に従事する役員の半数を超えていること

ワンポイント!

親族だけで会社の経営を行っているような会社は、特殊支配同族会社に該当する場合が多いでしょう。

>>特例について、もっと詳しくはこちら

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

節税サポートアクセスランキングTOP10

貸倒引当金

対象になる受取配当等-営業外損益(特別損益)の取り扱い

特別償却(減価償却)

留保金課税

貸倒損失とは

特別控除(収用など所得)とは

製造業の勘定科目〜製造原価報告書関連(工場の費用)

減価償却費の損金算入

租税公課の納税充当金

減価償却資産の耐用年数表(別表第一)機械及び装置以外の有形

節税サポートカテゴリ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却、超過額と限度額、償却方法や損金算入

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

同族、非同族の同族会社、特殊支配同族会社

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

法人の税金と納税スケジュール(法人)

個人事業が納める税金

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ