財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 減価償却と繰延資産 > 減価償却とは?

減価償却とは?

  1. 減価償却とは?
  2. 減価償却資産の要件
  3. 取得価額
  4. 償却方法
  5. 一括償却資産


1.減価償却とは?

長期間にわたって使用される有形固定資産の取得(設備投資)に要した支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分することを減価償却といいます。

建物でも、自動車でも、機械でも、使用することによって価値が下がっていきます。この目減り分を費用にしていくことをが減価償却です。

また、減価償却によって費用に回される部分を、減価償却費といいます

今すぐ相談する!

2.減価償却資産の要件

次の要件に当てはまるものは減価償却資産となります。

 ・(取得価額+諸費用)が10万円以上のもの

 ・1年以上使用可能なもの

 ・使用することによって、価値が下がるもの

10年以上長期間使用できるものであっても、10万円未満の物は取得した年の費用にすることができます。費用にせずに、減価償却資産にしても良いのですが、通常は費用にします。

また、形があるものだけが減価償却資産(有形固定資産)ではありません。特許権・商標権、コンピュータのソフトウェアーのように形のない物も、上の要件に当てはまれば減価償却資産(無形固定資産)になります

今すぐ相談する!

3.取得価額

自動車を購入するときは、本体価格の他に税金(自動車取得税・重量税など)や保険料が必要です。これらの諸費用のうち、取得のために必要な費用は自動車の取得価額に含めます

今すぐ相談する!

4.償却方法

減価償却費の計算の仕方には定額法と定率法とがあります。

定額法は、毎年一定の額を償却してゆく償却法で毎年の減価償却費を平準化できるという特徴があります。

定率法は、毎年その期首の未償却残高に対して一定の率を償却してゆく償却法で、償却期間の早い時期に大きく償却することで利益を圧縮できるという特徴があります。

税法では資産の種類によって、償却方法を定めています。

 ・無形固定資産‥‥定額法

 ・建物‥‥平成10年以降に取得したものは、定額法

今すぐ相談する!

5.一括償却資産

取得価額が10万円以上かつ20万円未満の減価償却資産は、一括(減価)償却資産として扱うことができます。

資産種類・耐用年数に関係なく、3年間で均等償却することができます。通常の減価償却資産として扱うか、一括償却資産として扱うかは事業主が自由に決めることができます。

取得年度の合計額で計算します。個々の資産の使用月数は関係ありません。また、100%償却します。




関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

財務サポートのホーム

相談・お問い合わせ

財務サポートアクセスランキングTOP10

利益率で収益性の分析 利益率計算〜収益性の財務分析(経営分析)-損益計算書

支払い能力(流動比率・当座比率)の計算〜安定性の財務分析-貸借対照表

企業会計原則〜財務諸表作成のルール

財務分析の3つの目的

回転率の計算(棚卸資産、売上債権、総資本)〜生産性の財務分析-損益計算書

営業キャッシュフローと負債比率で支払い能力分析〜会社の安全性

CFOからCEOになれる人・なれない人。その違いとは?

営業収入

当期未処分利益(損益計算書)

自己資本増加率・総資本増加率 -成長性の財務分析〜貸借対照表による財務分析

財務サポートカテゴリ

▼会計知識を活用した財務戦略入門

財務戦略入門INDEX

誰も気付いてない経理と財務の根本的な違い?

キャッシュフロー経営の正体とは?

会計知識を豊富に持ちながら破綻した男の話

ROAを高める本当の話

▼決算書(財務諸表)

財務諸表・連結財務諸表(決算書)とは?

貸借対照表とは

損益計算書とは

キャッシュフロー計算書とは

株主資本等変動計算書

個別注記表

▼財務諸表による財務分析

財務分析の3つの目的

貸借対照表による財務分析

損益計算書による財務分析

キャッシュフロー計算書による財務分析

中小企業の財務指標(データ)

▼減価償却と繰延資産

減価償却とは?

繰延資産とは?

▼財務用語集

財務用語集

SiteMenu

企業経営サポートのホーム

財務サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ