財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表による財務分析 > 利益率で収益性分析(粗利益率、営業利益率、経常利益率)

利益率で収益性の分析 利益率計算
  〜収益性の財務分析(経営分析)-損益計算書

  1. 粗利益率
  2. 営業利益率
  3. 経常利益率
  4. 総資本経常利益率


1.粗利益率

会社が効率よく儲けているかを判断する数値です。

粗利益率=粗利益÷売上高×100

粗利益率が高いほど効率的に儲けている、低ければあまり儲けていない(効率が悪い)ということになります。

但し、粗利益率は単年で見ても意味がなく、前期と比べて増えているか減っているか、同業他社と比べてどの程度の水準にあるのかを検証して見る必要があります。

※以下は、主な業界の平均粗利率です。

今すぐ相談する!

2.営業利益率

会社の本業で儲けているのかを判断する数値です。

営業利益率=営業利益÷売上高×100

営業利益率が高いと、営業活動の収益性が高い、営業利益率が低いと営業活動の収益性が低いということになります。

つまり、本業の儲け(粗利益からさまざまな経費を差し引いたもの)が効率のいい儲けなのか、会社の事業に対して適正なのかどうかを判断することができます。

同業種の平均値と比較することで、適正な儲けをあげているのか判断をします。

期の営業利益率が増加していれば、経費などが減っている証拠で経営が健全になってきたと判断できます。

逆に、減少していれば経費などが増えていることになりコスト削減がうまくいっていないと判断できます。

今すぐ相談する!

3.経常利益率

会社が実際どれくらい儲けているのかを判断する数値です。

経常利益率=経常利益÷売上高×100

経常的に発生する利益が売上のどれくらいにあたるのかを見る指標です。

経常利益率が高いと企業の収益性が高い、経常利益率が低いと企業の収益性が低いということになります

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

4.総資本経常利益率

会社の収益力はどうかを判断する数値です。

総資本経常利益率=経常利益÷総資本×100

会社の総資本(総資産)がどれだけの経常利益を生み出しているかを知る指標です。

総資本経常利益率が高いと資本を効率よく運用している、総資本経常利益率が低いと資本を効率よく運用していないということになります。

経常利益が大きいほど経常利益率は増加するので、会社の実力を示す経常利益は大きければ大きいほどいいということになります。




関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

財務サポートのホーム

相談・お問い合わせ

財務サポートアクセスランキングTOP10

利益率で収益性の分析 利益率計算〜収益性の財務分析(経営分析)-損益計算書

支払い能力(流動比率・当座比率)の計算〜安定性の財務分析-貸借対照表

企業会計原則〜財務諸表作成のルール

財務分析の3つの目的

回転率の計算(棚卸資産、売上債権、総資本)〜生産性の財務分析-損益計算書

営業キャッシュフローと負債比率で支払い能力分析〜会社の安全性

CFOからCEOになれる人・なれない人。その違いとは?

営業収入

当期未処分利益(損益計算書)

自己資本増加率・総資本増加率 -成長性の財務分析〜貸借対照表による財務分析

財務サポートカテゴリ

▼会計知識を活用した財務戦略入門

財務戦略入門INDEX

誰も気付いてない経理と財務の根本的な違い?

キャッシュフロー経営の正体とは?

会計知識を豊富に持ちながら破綻した男の話

ROAを高める本当の話

▼決算書(財務諸表)

財務諸表・連結財務諸表(決算書)とは?

貸借対照表とは

損益計算書とは

キャッシュフロー計算書とは

株主資本等変動計算書

個別注記表

▼財務諸表による財務分析

財務分析の3つの目的

貸借対照表による財務分析

損益計算書による財務分析

キャッシュフロー計算書による財務分析

中小企業の財務指標(データ)

▼減価償却と繰延資産

減価償却とは?

繰延資産とは?

▼財務用語集

財務用語集

SiteMenu

企業経営サポートのホーム

財務サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ