財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表(決算書)とは? > 損益計算書とは?

損益計算書とは?

  1. 損益計算書とは?
  2. 利益5つの分類
スポンサーリンク

1.損益計算書とは?

損益計算書は、会社の一会計期間における経営成績を表したものです。

つまり、どれだけの収益があり、それにはどれだけの費用がかかり、結局いくら儲かったのかを示すものです。

利益(損失)=収益−費用

費用より収益の方が多いと利益になり、収益の方が少ないと損失になります。

損益計算書が、企業の経営成績についてより明確に示すためには、会計期間に企業が獲得した利益の数字だけを見るのではなく、その利益がどのようにして生じたものなのかを明らかにしなければなりません。

例えば、利益が増加した場合、それが本業で稼いだ利益なのか、固定資産を売却して得た利益なのか、コスト削減による利益なのか等を把握しないと会社の状況は見えてこないはずです。

そこで、損益計算書では、収益と費用をその性質によっていくつかに区分し、利益を次のように5つに分類しています。

今すぐ相談する!

2.利益5つの分類

(1) 売上総利益=売上高−売上原価

売上高は、商品や製品等を販売したりサービスを提供したりというように、企業の主たる営業活動から発生する収入です。売上原価は、その売上高に対応する原価です。その差額の売上総利益は、いわゆる粗利益といわれ、企業の基本的な収益力を示します。

(2) 営業利益=売上総利益−販売費及び一般管理費

販売費及び一般管理費は、会社の販売活動や管理等に係る費用をいいます。その差額の営業利益は企業の本来の営業活動から生じた利益を示します。

(例えば、販売費及び一般管理費には、従業員給与・旅費交通費・消耗品費等があります。)

(3) 経常利益=営業利益+営業外収益−営業外費用

営業外収益は、本来の営業活動以外から発生した収益をいいます。営業外費用は、本来の営業活動以外に要した費用をいいます。その結果としての経常利益は企業の経常的な活動から生じた利益を示します。

(例えば、営業外収益には受取利息・受取配当金・雑収入等、営業外費用には、支払利息・雑支出等があります。)

(4) 税引前当期純利益=経常利益+特別利益−特別損失

特別利益は、本来の営業活動以外で臨時的に発生した収益を示すものです。特別損失は、本来の営業活動以外で臨時的に発生した費用を示します。その結果としての税引前当期純利益は、企業の最終的な税金を控除する前の利益を示します。

(例えば、特別利益には投資有価証券売却益等、特別損失には固定資産売却損等があります。)

(5) 当期純利益=税引前当期純利益−法人税等

法人税等は、利益に課税される法人税、住民税及び事業税をいいます。その差額の当期純利益は、企業の最終的な利益です

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク