財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表による財務分析 > 流動比率・当座比率による財務分析(会社の安定)

支払い能力(流動比率・当座比率)の計算
  〜安定性の財務分析-貸借対照表

  1. 流動比率(支払い能力)
  2. 当座比率(緊急の支払い能力)


1.流動比率

会社に支払い能力があるかを判断する数値です。

流動比率=流動資産÷流動負債×100

流動比率はは、流動資産による流動負債の支払能力を示します。

会社の支払能力を知るための指標の1つで、比率が高ければ返済能力があり安全性が高いことがわかります。

数値が大きければ大きいほど、資金繰りが楽な会社で、逆に小さければ小さいほど資金繰りに苦労していることになります。

流動比率の理想は200%以上。標準は150%。100%以下の会社は要注意です。

今すぐ相談する!

2.当座比率

会社が緊急時の支払い能力があるかを判断する数値です。

当座比率=当座資産÷流動負債×100

 ※当座資産とは、貸借対照表の流動資産の中の現預金+売上債権+有価証券等

即座に支払う能力があるのかないのか、換金性の高い資産がどれくらいあるのかを判断する指標の一つです。流動比率をより厳しくした数値です。特に換金性の高い資産は当座資産と呼ばれます。

理想は100%以上、標準は90%、80%以下は要注意です。

>>キャッシュフローから見る支払い能力(営業キャッシュフロー対流動負債比率)について

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

財務サポートのホーム

相談・お問い合わせ

財務サポートアクセスランキングTOP10

利益率で収益性の分析 利益率計算〜収益性の財務分析(経営分析)-損益計算書

支払い能力(流動比率・当座比率)の計算〜安定性の財務分析-貸借対照表

企業会計原則〜財務諸表作成のルール

財務分析の3つの目的

回転率の計算(棚卸資産、売上債権、総資本)〜生産性の財務分析-損益計算書

営業キャッシュフローと負債比率で支払い能力分析〜会社の安全性

CFOからCEOになれる人・なれない人。その違いとは?

営業収入

当期未処分利益(損益計算書)

自己資本増加率・総資本増加率 -成長性の財務分析〜貸借対照表による財務分析

財務サポートカテゴリ

▼会計知識を活用した財務戦略入門

財務戦略入門INDEX

誰も気付いてない経理と財務の根本的な違い?

キャッシュフロー経営の正体とは?

会計知識を豊富に持ちながら破綻した男の話

ROAを高める本当の話

▼決算書(財務諸表)

財務諸表・連結財務諸表(決算書)とは?

貸借対照表とは

損益計算書とは

キャッシュフロー計算書とは

株主資本等変動計算書

個別注記表

▼財務諸表による財務分析

財務分析の3つの目的

貸借対照表による財務分析

損益計算書による財務分析

キャッシュフロー計算書による財務分析

中小企業の財務指標(データ)

▼減価償却と繰延資産

減価償却とは?

繰延資産とは?

▼財務用語集

財務用語集

SiteMenu

企業経営サポートのホーム

財務サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ