財務サポート ~行政書士赤沼法務事務所~

資金繰り財務サポート > 財務諸表による財務分析 > 企業会計原則~財務諸表作成のルール

企業会計原則~財務諸表作成のルール

財務諸表を読むには、財務諸表の基本ルールを知っておく必要があります。

企業会計の統一ルールとして、現在採用されている会計の基準が『企業会計原則』です。

企業会計原則とは、会計処理基準と財務諸表の作成についての一般的な指針のことで、次の3つで構成されています。

  1. 「一般原則」
  2. 「損益計算書原則」
  3. 「貸借対照表原則」


一般原則

会計行為に対する一般的な指導原理を示したもので、損益計算書原則や貸借対照表原則よりも上位に位置する原則です。次の7つがあります。

  1. 真実性の原則
    企業の財政状態や経営成績に関して真実の報告を提供するものでなければならない
  2. 正規の簿記の原則
    複式簿記により正確な会計帳簿の作成をしなければならない
  3. 資本取引・損益取引区分の原則
    資本取引(株式払込金等)と損益取引の区別をし、とくに「資本準備金」と「利益準備金」とを混同してはならない
  4. 明瞭性の原則
    財務諸表によって、利害関係者に対し、必要な会計事実を明瞭に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない
  5. 継続性の原則
    会計処理の原則・手続を継続して適用し、いったん採用した会計処理基準はみだりにこれを変更してはならない
  6. 保守主義の原則
    リスクを見越した保守的な会計処理をし、損失が予想される場合は早めに財務諸表に盛り込んで、利益が見込まれても実際に実現するまでは財務諸表に反映させない
  7. 単一性の原則
    数種類の財務諸表を作成する場合でも、内容と利益の金額は単一でなければならない

損益計算書原則

企業の経営成績を明らかにするために損益計算書の作成について定めた原則であり、発生主義の原則や、費用・収益を、発生源泉に従って明瞭に分類し、収益と関連する費用とを対応表示させる費用収益対応の基本ルールです。

貸借対照表原則

企業の財政状態を明らかにするために、貸借対照表の作成について定めた原則であり、資産の評価原則(取得原価主義)や、資産の取得原価を資産の種類に応じて各事業年度に費用配分する費用配分の原則が述べられています。




関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

財務サポートのホーム

相談・お問い合わせ

財務サポートアクセスランキングTOP10

利益率で収益性の分析 利益率計算~収益性の財務分析(経営分析)-損益計算書

支払い能力(流動比率・当座比率)の計算~安定性の財務分析-貸借対照表

企業会計原則~財務諸表作成のルール

財務分析の3つの目的

回転率の計算(棚卸資産、売上債権、総資本)~生産性の財務分析-損益計算書

営業キャッシュフローと負債比率で支払い能力分析~会社の安全性

CFOからCEOになれる人・なれない人。その違いとは?

営業収入

当期未処分利益(損益計算書)

自己資本増加率・総資本増加率 -成長性の財務分析~貸借対照表による財務分析

財務サポートカテゴリ

▼会計知識を活用した財務戦略入門

財務戦略入門INDEX

誰も気付いてない経理と財務の根本的な違い?

キャッシュフロー経営の正体とは?

会計知識を豊富に持ちながら破綻した男の話

ROAを高める本当の話

▼決算書(財務諸表)

財務諸表・連結財務諸表(決算書)とは?

貸借対照表とは

損益計算書とは

キャッシュフロー計算書とは

株主資本等変動計算書

個別注記表

▼財務諸表による財務分析

財務分析の3つの目的

貸借対照表による財務分析

損益計算書による財務分析

キャッシュフロー計算書による財務分析

中小企業の財務指標(データ)

▼減価償却と繰延資産

減価償却とは?

繰延資産とは?

▼財務用語集

財務用語集

SiteMenu

企業経営サポートのホーム

財務サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ