財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表による財務分析 > 資本増加率による財務分析(成長性)

自己資本増加率・総資本増加率 -成長性の財務分析
  〜貸借対照表による財務分析

  1. 自己資本増加率
  2. 総資本増加率
スポンサーリンク

1.自己資本増加率

資本金が増加しているかどうかを判断する数値です。

自己資本増加率=(今期自己資本−前期自己資本)÷前期自己資本×100

自己資本とは、貸借対照表の純資産の部の合計のことであり、自己資本増加率がプラスであれば、自己資本が増加、マイナスであれば減少していることになります。

今すぐ相談する!

2.総資本増加率

会社がどのくらい成長しているかを判断する数値です。

総資本増加率=(今期総資本−前期総資本)÷前期総資本×100

総資本とは、貸借対照表の負債合計+純資産合計のことであり、総資本増加率がプラスであれば、会社が成長、マイナスであれば衰退していることになります。

成長していても借り入れが多すぎれば、その返済に苦労します。売上げや利益などを含め、全体的な経営バランスを見ながら、この数値についても判断する必要があります。キャッシュがなくなり黒字倒産の危機にみまわれる会社も少なくありません。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

スポンサーリンク