事業融資資金調達サポート ~行政書士赤沼法務事務所~

 資金調達・融資サポート > 銀行融資について > 信用格付けはどのようにして決まるのか?

信用格付けはどのようにして決まるのか?
~ポイントになる指標

  1. 信用格付けとは
  2. 財務格付けと債務者区分(自己査定)
  3. 格付けの手順
  4. 信用格付けポイントになる指標-借入金返済可能期間、債務超過解消期間
  5. 定量評価
  6. 定性評価

格付けとは?

各銀行は、融資先を独自に、10~15段階くらいに格付けランクを細分化しています。これが、銀行が企業に対して行っている『格付け』です。

 (例)  「AA+」 「Aaa」  企業のランク付け。銀行は取引企業すべてに対して格付けして、そのランクによって融資条件や取引方針が決まります。

格付けが上位のほうが、融資の際の金利は低くなりますし、継続的な融資も可能になります。格付けが下がると、金利は上がり、最悪の場合は融資すらしてもらえません。

格付けは次の2つのポイントから決定されます

最近では『決算書に出ていない情報』より、『決算書』が重視される傾向にあります。中小企業の融資に手間をかけられないという理由からです。プロパー融資は別ですが、ビジネスローンなどはコンピュータに決算書の内容を打ち込んで、自動的に審査される仕組みになっています。したがって、『決算書』作りが非常に重要になってきます。

今すぐ相談する!

財務格付けと債務者区分(自己査定)

「財務格付け」

融資条件を決める。 取扱商品の変化など

債務者区分(自己査定)

今すぐ相談する!

格付けの手順

格付けは

  1. 財務分析から、「定量評価」を判断基準にして、仮の財務格付けを行い、
  2. 経営状態、経営環境、融資状況などの「定性評価」をプラスして債務者区分を決定
  3. 債務者区分に対応した財務格付けを付与

します。

格付けポイントになる指標

「正常先」であるためには・・・
・借入金返済可能期間10年以内
・債務超過解消期間3年以内 であること!!

今すぐ相談する!

定量評価

 企業の安全性、収益性、借入金償還力などから、指標を組み合わせて判定されます。財務分析では、財務諸表は簿価ではなく、不良在庫、不良債権、遊休資産など資産性のないものは調整し、評価し直しした価額で、定量評価を行います。以下に定量評価に利用する数値計算方法をあげておきます

  1. 《安全性》当座比率 (すぐ現金化できる資産の水準を判定)  
    (現預金、受取手形、売掛金、有価証券)÷流動負債
  2. 流動比率  ( 短期的支払い能力を判定)
    流動資産÷流動負債
  3. 固定比率  適切な固定資産の投下と純資産の水準を判定
    固定資産÷純資産(自己資本)
  4. 固定長期適合率   適切な固定資産の投下と純資産の水準を判定
    固定資産÷(純資産÷固定負債)
  5. 株主資本(自己資本)比率  変事対応力の判定  
    純資産÷総資本(純資産+負債)
  6. 債務超過解消期間  債務超過が適正な年数で解消可能かどうかを判定  
    債務超過額÷当期利益
  7. 借入依存度  有利子負債の適正な水準の判定  
    有利子負債(割引手形+短期借入金+長期借入金+社債)÷総資本
  8. 《収益性》総資産経常利益率  投下資本がどの程度の利益をあげたかを判定
    経常利益÷総資本(期首・期末平均)
  9. 売上高営業利益率  利益(損失)の発生要因の分析  
    営業利益÷売上高
  10. 売上高経常利益率  利益(損失)の発生要因の分析  
    経常利益÷売上高
  11. 総資本回転率  資本の年間の利用度合い  
    売上高(年)÷総資本(期首・期末平均)
  12. インタレストカバレッジレシオ  利益能力の判定  
    (営業利益+受取利息・配当金)÷支払利息・割引料
  13. 《償還能力》 借入金返済可能期間  償還能力の判定  
    (借入金-運転資金)÷キャッシュフロー

定性評価

 決算書では過去のことしかわからないため、現時点での実態をつかむため、企業の実査、興信所・同業者からの側面情報、事業計画の内容評価を使って行います。

 この評価は、貸し手(銀行など)の主観的判断によるところが多く、担当者が受けた印象などでも左右されてしまいます。

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

資金調達事業融資サポートのホーム

資金調達事業融資カテゴリ

▼資金繰りの基礎知識

「資金」の意味、「資金繰り」の意味

資金繰り表とは?実績表と予定表のちがい

資金運用表と資金移動表とは?

-資金繰り予測・資金を増やすには-

資金繰りが楽になる回収条件と手形利用法

資金繰りが楽になる支払い条件と手形利用法

資金繰りの6ポイント

-資金繰り表の利用-

資金繰り実績表の利用とサンプル

資金繰り予定表の作成・利用と検討

-資金繰り予測と検討-

試算表と実際のキャッシュ(資金)の関係

資金ショートを回避

資金がなくなってしまった場合

-リスケジュールについて-

リスケジュールの基礎知識

資金繰り円滑化借換保証制度

▼資金調達・事業融資の基礎知識

資金調達・融資の必要書類

資金調達前に、自社の借入能力を知ること

融資資金の使途種類

融資の申込みタイミング

融資不可の理由を考える

 -資金調達・融資のいろいろ-

融資時の担保(無担保融資と担保融資)

不動産担保融資(普通抵当権と根抵当権)

売掛債権担保融資

私募債で資金調達

 -大口融資-

コミットメントライン(融資枠)

シンジケートローン(協調融資)

ABL(動産債権担保融資)

メザニンファイナンス

アセットファイナンス

その他の資金調達方法

銀行からの資金調達

ビジネスローン

信用保証協会付融資

不動産担保融資

-融資時の銀行判断-

銀行融資と決算書の関係

銀行の信用格付けについて~格付けはどうやって決められるか?

貸倒のリスク~自己査定・債務者区分

格付けアップの方法

-金融機関の種類と選択-

金融機関(銀行)の種類と特徴

どの銀行から資金調達をすべきか

銀行・地域による借入条件の違い

日本政策金融公庫からの資金調達

-国民生活事業-

国民生活事業とは?

創業向け融資

既存事業向け融資

社会貢献・環境対策・高齢化

企業再生・事業承継融資

恩給・共済年金担保融資

-中小企業事業-

中小企業事業とは

新事業育成融資

企業強化融資

環境・高齢化・防災融資

セーフティネット・再生融資

-農林水産事業-

農林水産事業とは

▼その他

助成金・補助金とは?融資との違いや助成元

雇用調整助成金の目的・対象・支給内容

SiteMenu

資金調達事業融資サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ