事業融資資金調達サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

 資金調達・融資サポート > 事業融資・資金調達の基礎 > 融資資金の使途種類

融資資金の使途種類

  1. 使途によって、融資が種類が変わる
  2. 融資資金の種類

使途によって、融資が種類が変わる

融資の使途によって、銀行が見るポイントは違います。 借り入れをしようとする資金の用途は明確にしておかなければなりません。

資金の用途が『運転資金』なのか『設備投資資金』なのかによって、申し込む融資の種類も異なりますし、銀行がチェックするポイントも異なりますので、それに合わせた準備を行う必要があるのです。

今すぐ相談する!

融資資金の種類

運転資金

先行する仕入の支払と売上の入金までのタイムラグを埋めるためと、正常な在庫を確保するための資金。融資期間は1年以下の短期と1年超の長期がある

設備資金

機械設備や車両、不動産などの購入資金。 融資期間は基本的にその耐用年数や償却期間内。

季節資金

業種によっては、季節によって売上と仕入が大きく変動するため、一時的な仕入資金の増加などに対応するための資金。また、最近では、一般労働者派遣事業などで、先払い賃金の急激な増加に対応するための融資資金が多くなってきています
融資期間は3〜6ヶ月といった短期が一般的です。

賞与資金・納税資金

賞与や税金の支払資金。 融資期間は年2回の支払であれば、6ヶ月以内の短期。

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

資金調達事業融資サポートのホーム

資金調達事業融資カテゴリ

▼資金繰りの基礎知識

「資金」の意味、「資金繰り」の意味

資金繰り表とは?実績表と予定表のちがい

資金運用表と資金移動表とは?

-資金繰り予測・資金を増やすには-

資金繰りが楽になる回収条件と手形利用法

資金繰りが楽になる支払い条件と手形利用法

資金繰りの6ポイント

-資金繰り表の利用-

資金繰り実績表の利用とサンプル

資金繰り予定表の作成・利用と検討

-資金繰り予測と検討-

試算表と実際のキャッシュ(資金)の関係

資金ショートを回避

資金がなくなってしまった場合

-リスケジュールについて-

リスケジュールの基礎知識

資金繰り円滑化借換保証制度

▼資金調達・事業融資の基礎知識

資金調達・融資の必要書類

資金調達前に、自社の借入能力を知ること

融資資金の使途種類

融資の申込みタイミング

融資不可の理由を考える

 -資金調達・融資のいろいろ-

融資時の担保(無担保融資と担保融資)

不動産担保融資(普通抵当権と根抵当権)

売掛債権担保融資

私募債で資金調達

 -大口融資-

コミットメントライン(融資枠)

シンジケートローン(協調融資)

ABL(動産債権担保融資)

メザニンファイナンス

アセットファイナンス

その他の資金調達方法

銀行からの資金調達

ビジネスローン

信用保証協会付融資

不動産担保融資

-融資時の銀行判断-

銀行融資と決算書の関係

銀行の信用格付けについて〜格付けはどうやって決められるか?

貸倒のリスク〜自己査定・債務者区分

格付けアップの方法

-金融機関の種類と選択-

金融機関(銀行)の種類と特徴

どの銀行から資金調達をすべきか

銀行・地域による借入条件の違い

日本政策金融公庫からの資金調達

-国民生活事業-

国民生活事業とは?

創業向け融資

既存事業向け融資

社会貢献・環境対策・高齢化

企業再生・事業承継融資

恩給・共済年金担保融資

-中小企業事業-

中小企業事業とは

新事業育成融資

企業強化融資

環境・高齢化・防災融資

セーフティネット・再生融資

-農林水産事業-

農林水産事業とは

▼その他

助成金・補助金とは?融資との違いや助成元

雇用調整助成金の目的・対象・支給内容

SiteMenu

資金調達事業融資サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ