事業融資資金調達サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

 資金調達・融資サポート > 資金繰りの基礎 > リスケジュールの基礎知識

リスケジュールの基礎知識

  1. リスケジュールとは?
  2. リスケジュールの種類
  3. 申請のタイミング
  4. リスケと同時に資産処分経費削減
  5. リスケに必要な書類等の準備
  6. リスケの交渉
スポンサーサイト

リスケジュールとは?

リスケジュール(リスケ)とは、返済が困難になった時に、金融機関に借入条件の変更(減額)をすることです。

リスケをすると、当然銀行の格付けは下がり、銀行のプロパー融資はもちろん、保証協会付きの融資など、その後の新規融資は困難になるであろうと言われています。

しかし、最近、銀行との交渉を繰り返す中で、リスケしても正常に返済ができるようになるまで回復できれば、新規融資も十分に得ることが出来ると感じています。
リスケではなく償却、つまりサービサーに債権を譲渡するようなケースになると以後の付き合いは難しいといえますが、リスケの場合は、立派な商行為の中の条件変更ですので、そこまでの重症は負いません。

今すぐ相談する!

リスケの種類

<借換>

複数の長期借入金を一本化し、返済額減少をねらうもの。

<返済額の繰延>

返済金額の一部または全部の削減、据置等。 借換よりもさらに難易度が高い。

今すぐ相談する!

リスケジュール申請のタイミング

リスケはもちろん安易にするべきではないですが、返済に窮して、高利で調達して返済するくらいなら早急にリスケ交渉に入り、資金繰りの改善、及び売上向上の対策をとるべきだと思っています。
ですから、リスケは、最終手段とはとらえずに、その企業の状態を見て、積極的に取り組んだ方がよいケースも多いといえます。

では、どのようなタイミングでリスケを決断すればよいのでしょうか。

<業況が急激に悪化した場合>

 予期してなかった急激な業況の悪化がそのまま尾をひくような場合

<業況の緩やかな下降がとまらない場合>

 ずるずる下降していき、この先回復の兆しが見えない場合

<返済可能額の10倍以上の返済がある場合>

 1年間で、返済可能額の10倍以上の返済をしている場合は早急にリスケを申請しましょう。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

リスケジュールと同時にやっていきたいこと

これらのことは、リスケの前にやるべきことと言われ勝ちですが、しかし、時間がかかるケースが多く、これらをやっているうちに資金繰りがショートしてしまい、リスケをしても時すでに遅しという状況になりかねないです。ですから、まず、リスケを行い、以下のことについて検討していくことをオススメします。

<資産の処分>

資産がある場合は、まずはそれらの処分を考えてみましょう。手元に残しておきたいと思っても、それらがあると金融機関はリスケの交渉に応じてくれないかもしれません。

<経費の削減>

まずは、役員報酬のカットを行い、次に人件費の引き下げなどをしてみましょう。

<売掛金の回収強化>

支払われていない売掛金があれば、まずはそれを回収しましょう。

<支払い条件の見直し>

利息計算で説明した振出日から支払期日までの期間のことを、手形サイトといいます。手形を受け取った方としては、手形サイトが長いほどひっかかりのリスクがありますし、逆に手形を振り出した方としては、手形サイトが長いほど資金繰りが楽になります。

この手形サイトを変更するなどして資金繰りが楽にできないか検討してみましょう。

今すぐ相談する!

リスケジュールに必要な書類等の準備

<事業計画書の作成>

リスケをしたことにより、業況が回復していくと思われるような事業計画書を作ります。これがないとリスケをしても意味がないと判断されてしまいます。

<資金繰り表の作成>

リスケ前とリスケ後の資金繰り表を作成します。

<返済可能額の把握>

これなら、返していけるという根拠がないと、事業計画、資金繰り表を作っても無意味です。

返済可能額とは、減価償却費+当期利益です。

この合計額に、リスケ後の年間返済額がおさまるようにしましょう。

今すぐ相談する!

リスケジュールの交渉

事業計画書、資金繰り表をもとに交渉していくことになります。

交渉相手は、担当者、融資担当役席、渉外担当役席、支店長のいずれかですが、最終的には、支店長が判断します。

また、複数の金融機関へリスケ申請する場合は、それぞれの金融機関を同時並行で交渉していきましょう。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

資金調達事業融資サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼資金繰りの基礎知識

「資金」の意味、「資金繰り」の意味

資金繰り表とは?実績表と予定表のちがい

資金運用表と資金移動表とは?

-資金繰り予測・資金を増やすには-

資金繰りが楽になる回収条件と手形利用法

資金繰りが楽になる支払い条件と手形利用法

資金繰りの6ポイント

-資金繰り表の利用-

資金繰り実績表の利用とサンプル

資金繰り予定表の作成・利用と検討

-資金繰り予測と検討-

試算表と実際のキャッシュ(資金)の関係

資金ショートを回避

資金がなくなってしまった場合

-リスケジュールについて-

リスケジュールの基礎知識

資金繰り円滑化借換保証制度

▼資金調達・事業融資の基礎知識

資金調達・融資の必要書類

資金調達前に、自社の借入能力を知ること

融資資金の使途種類

融資の申込みタイミング

融資不可の理由を考える

 -資金調達・融資のいろいろ-

融資時の担保(無担保融資と担保融資)

不動産担保融資(普通抵当権と根抵当権)

売掛債権担保融資

私募債で資金調達

 -大口融資-

コミットメントライン(融資枠)

シンジケートローン(協調融資)

ABL(動産債権担保融資)

メザニンファイナンス

アセットファイナンス

その他の資金調達方法

銀行からの資金調達

ビジネスローン

信用保証協会付融資

不動産担保融資

-融資時の銀行判断-

銀行融資と決算書の関係

銀行の信用格付けについて〜格付けはどうやって決められるか?

貸倒のリスク〜自己査定・債務者区分

格付けアップの方法

-金融機関の種類と選択-

金融機関(銀行)の種類と特徴

どの銀行から資金調達をすべきか

銀行・地域による借入条件の違い

日本政策金融公庫からの資金調達

-国民生活事業-

国民生活事業とは?

創業向け融資

既存事業向け融資

社会貢献・環境対策・高齢化

企業再生・事業承継融資

恩給・共済年金担保融資

-中小企業事業-

中小企業事業とは

新事業育成融資

企業強化融資

環境・高齢化・防災融資

セーフティネット・再生融資

-農林水産事業-

農林水産事業とは

▼その他

助成金・補助金とは?融資との違いや助成元

雇用調整助成金の目的・対象・支給内容

SiteMenu

資金調達事業融資サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク