財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表(決算書)とは? > 財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフロー

  1. 財務活動によるキャッシュフローとは?
  2. 財務活動によるキャッシュフロー計算書の例
  3. 他のキャッシュフローとのバランス

1.財務活動によるキャッシュフローとは?

財務投資活動によるキャッシュフローは、営業活動や投資活動を行うためにいくらの資金を調達したのか、または返済したのかを表します。

金融機関からの借入れや返済、資本金の増資、配当金の支払い等を記載します。財務活動全般にわたるお金の流れがわかり、その会社の資金調達能力が一目瞭然です。

もちろん良い会社でもマイナスになることはありますが、あまり多額なマイナスだと望ましくないでしょう

今すぐ相談する!

2.財務活動によるキャッシュフロー計算書の例

キャッシュフロー計算書

借入金の借り入れによる収入 3,000 借入金を借り入れることで資金が増えますのでプラスとして表示します。
借入金の返済による支出 ▲3,500 借入金を返済することで資金が減少しますのでマイナスとして表示します。
自己株式の売却による収入 4,500 自己株式を売却することで売却資金が増えますのでプラスとして表示します。
自己株式の取得による支出 ▲1,500 自己株式を取得することで取得の為の資金が減少しましたのでマイナスとして表示します。
配当金の支払額 ▲500 配当金を支払うことで資金が減少しましたのでマイナスとして表示します。
財務活動によるキャッシュフロー 2,000 財務活動による資金の増減の合計額です。

今すぐ相談する!

3.他のキャッシュフローとのバランス

財務活動にかかるキャッシュフローは増加したからといって、よい企業とはいえません。現金預金の増加原因が借入金(増資は例外ですが)によるものだからです。

財務活動によるキャッシュフローに頼った経営はリスクを多く含んでいるといえます。

ポイント!

資金の流れとしては、「営業活動によるキャッシュフロー」のプラスが、「投資活動によるキャッシュフロー」のマイナスにまわり、さらに余剰キャッシュフローで「財務活動によるキャッシュフロー」のマイナスに貢献するのが理想です。

  つまり、財務活動によるキャッシュフローは、主に、営業活動によるキャッシュフローと投資活動によるキャッシュフローを調整する役割を果たしているのです。

 

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)