人材派遣許可サポート シリウス総合法務事務所

人材派遣許可サポート > 会社設立・助成金・就業規則 > 会社設立

会社設立(人材派遣・職業紹介のための)

  1. 会社設立
  2. 会社設立後の義務
  3. 会社設立と同時にする助成金・補助金があります
スポンサーリンク

1.会社設立

許可申請をする場合は、会社設立時に資本金を用意することが必要です。
また、会社設立時に定款認証を公証役場でするときに印紙が4万円必要になりますが、私どもにご依頼いただいた場合は、電子認証で定款認証を行うため、お客さまの負担は、4万円減ります

1円会社などの設立が多いこの頃ですが、許可申請をするならば、有料職業紹介なら資本金は500万円。人材派遣事業なら、1000万円の資本金で設立しましょう。特定派遣の場合、財産要件はありませんが、ソフト関係・IT関係のメーカーでは、独自に派遣元の資本金額調査をし、1000万円を目処に派遣受け入れを行うようになってきています

定款の目的には・・・

派遣であれば、一般労働者派遣事業でも特定労働者派遣事業でも、「労働者派遣事業」という目的を定めましょう。また、有料職業紹介の場合は「有料職業紹介事業」を定めます。

事業所の名義は?

もともと、個人事業でされていた方が法人成をして、許可を取得しようとする場合、事業所の名義(賃借人)が会社代表者の個人名義になっていることが多々あります。これでは、法人の人材ビジネスの事業所としては許可が通りませんので、早めに、名義変更をしてください。(転貸可の物件であれば、法人が賃借しているということが証明できるように転貸契約書等を作成しましょう。もちろん、この場合には、賃貸人の承認を得ておいたほうがトラブルになりにくいです)

今すぐ相談する!

2.会社設立後の義務

社会保険手続等、行政手続きをきちんとしておかないと、許可申請時にNGとなります。諸手続は怠らないようにしてください。

今すぐ相談する!

3.会社設立と同時に申請する助成金補助金があります

創業時もらえる助成金があります。会社設立と同時に申請しなければなりませんので、早めにご相談ください。人材事業を行っていくうえでもらうことができそうな助成金を紹介していますので、助成金のページで確認してくださいね。

今すぐ相談する! 

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

人材派遣許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼一般労働者派遣事業

一般労働者派遣事業とは?

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可Q&A

人材派遣業運営ノウハウ

人材派遣業のリスク回避

▼特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業と届出

特定労働者派遣届出のQ&A

派遣スタッフトラブル・育成投資リスク

キャッシュフロー・ケーススタディ

▼派遣事業Q&A

派遣事業Q&A

▼有料職業紹介事業

有料職業紹介事業とは?

有料職業紹介事業許可申請

運営上の注意点(リスク回避)

運営ノウハウ

有料職業紹介Q&A

▼紹介予定派遣事業

紹介予定派遣とは?

派遣・紹介兼業許認可Q&A

紹介予定派遣運営の注意点

▼建設・港湾への派遣と紹介

建設業務有料職業紹介事業とは?

港湾労働者派遣事業とは?

港湾労働者派遣事業の運営上の注意点

▼会社設立・助成金・就業規則

会社設立

お得な助成金・補助金

36協定(残業についての協定書)

SiteMenu

人材派遣許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク