人材派遣許可サポート シリウス総合法務事務所

人材派遣許可サポート > 会社設立・助成金・就業規則 > 36協定書

36協定書(従業員に残業をさせる場合に必要)

  1. 36協定とは?
  2. 派遣先が派遣スタッフを残業させるためには?
  3. 36協定の拘束力は?
  4. 36協定で定めるべきこと

1.36協定とは?

法定労働時間以上、労働者に働いてもらいたいとき(残業をさせたい場合)に労使間で結ぶ協定です。残業が必須な人材派遣ビジネスにおいては、この36協定が必要になります。

原則

三六協定がなければ、法定労働時間は、1日8時間・週40時間・法定休日4週に4日であり、従業員に時間外労働をさせてはならない。

 

三六協定作成義務の法的根拠

労働基準法第36条が、この協定書の内容になっているため、その条数をとって、36協定と呼ばれています。
>>労働基準法36条(就業規則作成変更サポートより)

 

誰と誰が結ぶのか?

「会社」と、「従業員の過半数で組織された労働組合」で36協定を締結します。
労働組合がない場合は、労働者の過半数を代表する者が会社と締結することになります。

 

労働基準監督署に届け出る

36協定を締結し、労働基準監督署に届出をしなければなりません。

今すぐ相談する!

2.派遣先が派遣スタッフを残業させるためには?

基本的に36協定は1.36協定とは?に記載されたとおりなのですが、派遣業に関しては、36協定を結ぶ会社(派遣元)と、実際に残業を命じる会社(派遣先)が異なります。

派遣業においては、実務上、派遣元が派遣社員と36協定を結ぶ必要があり、 この締結された36協定を元に、派遣先が残業をさせる事ができる。ということになっておりますので、派遣先から36協定の締結を確認・協定書の提示を要求される場合が あります。

派遣先が上場企業であったり、特にソフト関係・IT関係の派遣の場合は残業が当たり前なため、36協定の提示を求められることが非常に多いのが実情です。

今すぐ相談する!

3.36協定の拘束力は?

会社や労働者を拘束する力はありません。時間外・休日労働は違法にならない。というだけのことです。しかし、これがないと、時間外労働などをさせることはできません。

また、実際の労働時間や残業代などの取り決めは就業規則に明記する必要があります。

今すぐ相談する!

4.36協定で定めるべきこと

今すぐ相談する!


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

人材派遣許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

アクセスランキングTOP10

外国人・年少者を登録スタッフにする場合の注意点

特定労働者派遣事業と届出

一般労働者派遣事業許可の有効期間と更新

有料職業紹介事業の許可申請Q&A

有料職業紹介事業の手数料(売上)について

有料職業紹介業をインターネットだけでやる場合のシステムの完成度はどれくらいですか?

有料職業紹介業許可の有効期限・更新時期・変更申請

人材紹介事業、他社との業務提携

一般労働者派遣事業の許可申請・要件

有料職業紹介事業とは?

人材サポートカテゴリ

▼一般労働者派遣事業

一般労働者派遣事業とは?

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可Q&A

人材派遣業運営ノウハウ

人材派遣業のリスク回避

▼特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業と届出

特定労働者派遣届出のQ&A

派遣スタッフトラブル・育成投資リスク

キャッシュフロー・ケーススタディ

▼派遣事業Q&A

派遣事業Q&A

▼有料職業紹介事業

有料職業紹介事業とは?

有料職業紹介事業許可申請

運営上の注意点(リスク回避)

運営ノウハウ

有料職業紹介Q&A

▼紹介予定派遣事業

紹介予定派遣とは?

派遣・紹介兼業許認可Q&A

紹介予定派遣運営の注意点

▼建設・港湾への派遣と紹介

建設業務有料職業紹介事業とは?

港湾労働者派遣事業とは?

港湾労働者派遣事業の運営上の注意点

▼会社設立・助成金・就業規則

会社設立

お得な助成金・補助金

36協定(残業についての協定書)

SiteMenu

人材派遣許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ