人材派遣許可サポート シリウス総合法務事務所

人材派遣許可サポート > 紹介予定派遣 > 運営上の注意点

紹介予定派遣の運営上の注意点

  1. 派遣受け入れ期間の制限と、紹介後の試用期間
  2. 労働者への明示事項
  3. 派遣労働者の特定について
スポンサーリンク

1.派遣受け入れ期間の制限と、紹介後の試用期間

紹介予定派遣の派遣受け入れ期間

紹介予定派遣の派遣受け入れ期間は、同一の派遣労働者について6ヶ月を超えて労働者派遣を行う事はできません。

試用期間

派遣先は、紹介予定派遣により雇い入れた労働者について試用期間を設けてはいけません

今すぐ相談する!

2.労働者への明示事項

  1. 派遣先が派遣労働者を雇用しない場合等の理由の明示
    派遣元事業主は、紹介予定派遣を行った派遣先が 職業紹介を受ける事を希望しなかった場合 又は、職業紹介を受けた派遣労働者を雇用しなかった場合には、派遣労働者の求めに応じ、派遣先に対し、それぞれの理由を書面、ファクシミリ又は電子メールにより明示するよう求めなければなりません。
    また、派遣先は、派遣元事業主の求めに応じて、それぞれの理由を派遣元事業主に対し書面、ファクシミリ又は電子メールにより明示しなければなりません。さらに、派遣元事業主は、派遣先から明示された理由を、派遣労働者に対して書面により明示しなければなりません。
  2. 紹介予定派遣に関する事項の記載及び明示等
    紹介予定派遣の場合は、労働者派遣契約、派遣労働者への就業条件明示書、派遣元管理台帳および派遣先管理台帳の所定の欄に、紹介予定派遣に関する事項を記載します。
    また、派遣元事業主は、紹介予定派遣にかかる派遣労働者を雇い入れる場合はその旨を派遣労働者に明示すること、既に雇い入れている労働者を新たに紹介予定派遣の対象とする場合はその旨を労働者に明示し、同意を得る事が必要です。

3.派遣労働者の特定について

派遣労働者の特定にあたっての年齢・性別による差別防止にかかる措置

派遣先は、紹介予定派遣にかかる派遣労働者の特定等を行うにあたって、直接採用する場合と同様に、性別や年齢を理由とする差別的な取扱を行ってはいけません

派遣労働者の特定

紹介予定派遣について、派遣先が派遣労働者を特定する事を目的とする行為が認められるのは、あくまで円滑な直接雇用を図るためであるから、派遣先が、試験、面接、履歴書の送付等により派遣労働者を特定する場合は、業務遂行能力にかかる試験の実施や資格の有無等、社会通念上、公正と認められる客観的な基準によって行われる事が必要です。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

人材派遣許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼一般労働者派遣事業

一般労働者派遣事業とは?

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可Q&A

人材派遣業運営ノウハウ

人材派遣業のリスク回避

▼特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業と届出

特定労働者派遣届出のQ&A

派遣スタッフトラブル・育成投資リスク

キャッシュフロー・ケーススタディ

▼派遣事業Q&A

派遣事業Q&A

▼有料職業紹介事業

有料職業紹介事業とは?

有料職業紹介事業許可申請

運営上の注意点(リスク回避)

運営ノウハウ

有料職業紹介Q&A

▼紹介予定派遣事業

紹介予定派遣とは?

派遣・紹介兼業許認可Q&A

紹介予定派遣運営の注意点

▼建設・港湾への派遣と紹介

建設業務有料職業紹介事業とは?

港湾労働者派遣事業とは?

港湾労働者派遣事業の運営上の注意点

▼会社設立・助成金・就業規則

会社設立

お得な助成金・補助金

36協定(残業についての協定書)

SiteMenu

人材派遣許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク