人材派遣許可サポート シリウス総合法務事務所

人材派遣許可サポート > 有料職業紹介事業 > リスク・トラブル

有料職業紹介事業リスクとトラブル

  1. 金銭的リスク
  2. 人的トラブル

1.金銭的リスク

 紹介料は半年後(1年後?)に支払われる?

有料職業紹介事業での売上は、紹介手数料です。通常は、紹介した求職者の年収の30~50%を手数料としますが、もし、その労働者が雇用されてから、半年後に退職したり、解雇された場合など、紹介料が発生しないことがあります。また、実際は雇用されているにも関わらず、紹介先の企業が紹介料を支払いたくないがために、一旦解雇して、再雇用したり、また、退職したことにしたり・・など、トラブルがあります。

人材紹介は信頼・信用のみで行われると言っても過言ではないくらいです。紹介先の企業や、紹介した求職者との信頼を強くしておかなければならないため、実際に、業務完了から入金までの期間が長く、紹介にあたる社員のストレスも大きくなりやすいのです。

営業マンは、手数料を最後まで徴収できるように、紹介先や労働者と、連絡をとりあえるような仲になっておくことが大切です。

2.人的トラブル

有料職業紹介は、派遣と違い、紹介後の雇用関係上のトラブルの仲介をしてはいけないことになっています。ただ、そうは言っても、企業も労働者も、紹介時の条件と実際が異なれば、当然、クレームを入れてきますし、それなりの対応を求めてきます。

商品が『人』である以上、細心の注意が必要です。また、トラブルが発生しないように、求職者には、紹介時にきちんと書面で労働条件の明示をするなど手続を怠らないようにしましょう。

 労働局を利用しよう

万が一、トラブルが発生した場合は、誠意ある態度で対処することが必要ですが、カンタンに解決できないような問題の場合は、自分たちだけでなんとかしようと思わず、労働局などの第三者機関を利用するようにしてください。トラブル仲裁が禁止されているにも関わらず、トラブルに介入し、さらに問題がややこしくなった場合に、対処のしようがなくなりますので、注意が必要です。

第三者機関への相談時には、トラブルの内容や事実経緯を書面にしておくことが必要です。

今すぐ相談する!

職業紹介運営リスク回避関連ページ

人的リスクと金銭的リスク

求職者の均等待遇と個人情報保護

紹介先労働条件の明示

業務運営規定明示と求人・求職の受理

人材紹介業の苦情処理


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

人材派遣許可サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼一般労働者派遣事業

一般労働者派遣事業とは?

一般労働者派遣事業許可申請手続

一般労働者派遣事業許可Q&A

人材派遣業運営ノウハウ

人材派遣業のリスク回避

▼特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業と届出

特定労働者派遣届出のQ&A

派遣スタッフトラブル・育成投資リスク

キャッシュフロー・ケーススタディ

▼派遣事業Q&A

派遣事業Q&A

▼有料職業紹介事業

有料職業紹介事業とは?

有料職業紹介事業許可申請

運営上の注意点(リスク回避)

運営ノウハウ

有料職業紹介Q&A

▼紹介予定派遣事業

紹介予定派遣とは?

派遣・紹介兼業許認可Q&A

紹介予定派遣運営の注意点

▼建設・港湾への派遣と紹介

建設業務有料職業紹介事業とは?

港湾労働者派遣事業とは?

港湾労働者派遣事業の運営上の注意点

▼会社設立・助成金・就業規則

会社設立

お得な助成金・補助金

36協定(残業についての協定書)

SiteMenu

人材派遣許可サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ