簡易課税制度、消費税の豆知識

消費税の豆知識ホーム > 消費税を簡易課税制度適用する場合の注意点

消費税を簡易課税制度適用する場合の注意点



消費税還付について

簡易課税制度は、メリットもたくさんありますが、デメリットとして、消費税還付対象となっても、還付されないという点があります。

簡易課税制度の仕入控除税額は、課税売上高のみに依存しますから、実際に仕入や経費にかかった消費税を計算したら還付となるような場合でも、還付を受けることはできません

免税事業者になったとき

簡易課税制度の適用を選択している事業者が免税事業者となった場合でも、簡易課税制度選択届出書は効力を有しています。

ですから、課税対象期間の売上高が1000万円を切ることがあって免税事業者となっても、また、再び課税事業者となったときには簡易課税制度を適用して申告を行うこととなります。

次に課税t課対象となったときには一般課税でいこうと思っている事業者さんは「消費税簡易課税制度選択不適用届出書」 を提出するようにしましょう。

基準期間の課税売上高が5,000万円を超える事業者

たとえ「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出したとしても、基準期間の課税売上高が5000万円を超えてしまったら、簡易課税制度を適用することができません。

一般課税で、課税仕入れ等に係る消費税額の控除を受けるためには、課税仕入れ等の事実を記録した帳簿及び課税仕入れ等の事実を証する請求書等の両方の保存が必要となります。

それらの帳簿及び請求書等は、確定申告期限の翌日から7年間、納税地等に保存する必要があります。

簡易課税制度選択届出書を提出できないことがある

「消費税課税事業者選択届出書」を提出して課税事業者となっている場合、又は新設法人に該当する 場合は、一定期間「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出できない場合があります


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

消費税の豆知識のホーム

▼消費税の基本知識

消費税とは

消費税の負担者

消費税の申告と納付

消費税納付税額の計算方法

消費税課税期間と基準期間

消費税課税対象の者・売上高・仕入れ

-免税事業者について-

消費税免税事業者・課税事業者

免税事業者でも課税事業者を選択可

資本金1000万円以上の新設法人

消費税課税期間の特例

消費税納税義務の成立時期

▼消費税の課税取引・非課税取引

-消費税課税取引-

国内取引

輸入取引

-消費税非課税対象-

不動産関連(家賃、土地)非課税

有価証券非課税

利子・保険料非課税

切手・印紙・証紙の非課税

行政手数料非課税

社会政策的なもの非課税

非課税となる外国貨物

▼消費税免税輸出取引

消費税免除される輸出取引

消費税免税適用の証明

輸出免税の注意点

輸出物品販売場

▼消費税の納税手続・納税地・届出

-申告・納付-

消費税の確定申告(納付期限)

消費税の中間申告(納税期限)

確定・中間申告書の添付書類

申告・納付の注意事項

輸入取引の申告と納付

-納税地-

国内取引の納税地

輸入取引の納税地

-届出・承認・許可-

消費税の届出事項

消費税の承認事項

消費税の許可事項

▼消費税課税標準と税額計算方法

消費税課税標準とは

仕入控除税額の計算方法

端数計算方法(課税標準額・消費税額など)

経過措置適用時端数処理

-消費税一般課税の場合-

課税売上割合の計算

一般課税仕入控除税額計算方法

一般課税仕入控除税額計算の注意点

帳簿類の記載事項と保存

仕入額3万円のライン(請求書の保存不要)

帳簿記載方法

仕入控除税額の計算の特例

-消費税簡易課税の場合-

簡易課税制度の適用要件

みなし仕入率

仕入控除税額の計算原則

2種類以上の事業の特例

2種類以上事業の区分方法

簡易課税制度適用の注意点

-特別な事情-

返品・値引き・割戻し

貸倒れが生じた場合

-地方消費税の計算-

地方消費税の計算方法

▼会計処理・記帳・総額表示・国特例

消費税のための記帳と帳簿保存

税抜き処理と税込み処理

消費税の総額表示義務

-国・地方公共団体の消費税特例-

事業単位の特例

仕入税額控除の特例

SiteMenu

消費税の豆知識のホーム