節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 節税対策のポイント > 儲けているのにお金が不足する?

キャッシュ不足はなぜ起こる? | キャッシュ不足に陥らない、4つの方法

儲けているのにお金が不足する?

  1. キャッシュ不足はなぜ起こる?


1.キャッシュ不足はなぜ起こる?

「利益が出ているのに、支払に回すお金が無い?なぜだ?

使い込みをしてるやつがいるんじゃないか?あいつか?こいつか?探さないといけないな。」

あなたは、こんな思いこみをしていませんか?

まだしていない?でしたら、次からの説明を読んで、覚えておいてください。

実は、「利益は、そのままお金になっていません。」

「ん?どういうこと?利益って儲けだから、お金じゃないの?」

あなたは、そう思うかも知れませんね。しかし、現実は、利益というのは、売上からコスト(費用)を引いて出てくるのです。

しかし、その売上が未回収だったら、売上は「砂上の楼閣」に過ぎませんね。

さらに悪いことに、支払だけは先に(つまり、コストの支払いです。仕入代金とか、給料とか)、それも「即金」で払う場合、入金と支払が逆転するのです。ということは、お金が足りなくなるのです。

数字でご説明しましょう。

粗利益率は30%です。まずまずですね。では、ここからスタッフへのお給料が払えるでしょうか?水道代や家賃は払えるでしょうか?

次のような条件を付けます。

「売上の入金は、月末締め、翌々月末払い」

「仕入の支払いは、月末締め、翌月末払い」

ということは、粗利益は、事実上、お金となっていません。つまり、給料が払えません。

それどころか、来月(10月)には、仕入の支払いの方が先に来ますので、お金がありません。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク