節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 節税対策のポイント > 会計帳簿とは

会計帳簿とは。

  1. 会計帳簿と財務諸表
  2. 会計帳簿の種類
  3. 会計帳簿の中の「仕訳帳」は、どういうものなの?

1.会計帳簿と財務諸表

社長さんは、事業の立ち上げや営業に忙しくて、「帳簿付け?そんなの後回しだよ!」ということが多いです。

それは、そのとおりなのですが、税務申告、なによりも、会社の財政状況を理解するためにも、帳簿付けと財務諸表の作成が不可欠なのです。

イメージ図は以下の通りです。

会計帳簿
試算表
財務諸表

要は、会計帳簿を作成しないと、財務諸表ができあがらないしくみになっています。会計帳簿は、その「入り口と」して、大事な働きをします。

それを、毎月集計すると、「試算表」の作成になります。「試算表」を作成すると、その月の残高状況や損益状況、経費のかかり具合などが見えてきます。 金融機関では、この「試算表」を基準に借入の諾否を行う場合もあります

今すぐ相談する!

2.会計帳簿の種類

会計帳簿は、実は、かなりの数があります。以下にその概略を書きます

仕訳帳や総勘定元帳は、必ず作成しないといけません。しかし、「補助簿」は、必要に応じて作成するといいでしょう。

「補助簿」の中でも大切なのは、取引先ごとに、個別管理している「得意先元帳」や「仕入先元帳」です。というのも、「入金」と「支払」が売上や仕入計上とずれているので、きちんと管理することが必要だからです(この「ズレ」については、後ほど説明します)

今すぐ相談する!

3.会計帳簿の中の「仕訳帳」は、どういうものなの?

仕訳帳は、会計帳簿のキーになるものです。入り口の中の入り口、経理処理を記すものです。

経理処理を記すとなると、経理処理の知識が必要なので、すぐには取りかかれないでしょう。最初は、本を片手に何とか経理処理をするといいと思います。

会計ソフトが出ているので、そちらを使用するのもいい手です。会計ソフトに入力すると、「補助簿」や「試算表」は、自動で作成されますからね。

でも、会計ソフトに入力するには、「経理知識」が必要ですので、やはり勉強は必要ですね。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク