節税サポート 〜税理士須貝明弘事務所〜

節税対策サポート > 節税対策のポイント > レシートのもらい方で経費が変わる

レシートのもらい方で経費が変わる

  1. 7年間の保存義務
  2. 領収書じゃなきゃだめ?レシートではだめなの?
  3. 領収書もレシートもない場合の対応

1.7年間の保存義務

領収書をとっておく必要があるのをご存じですか?

なぜか?

それは、領収書には7年間の保存義務があるからです。

領収書は、税務署に提出する義務は全くありません。しかし、税務調査に入られた場合、「証明書」として、税務署に提示する必要があるのです。

また、青色申告をする場合、特典がありましたが、その要件として、7年間、保存義務があるのも忘れてはいけません。

今すぐ相談する!

2.領収書じゃなきゃだめ?レシートではだめなの?

勿論、いつ、どこで、誰と、何に、いくら支払ったか分かれば、レシートでも構いません。むしろ、レシートの方が、細かい情報はあって、税務調査の際に、説明しやすいのではないでしょうか。

良く起業家から聞かれるのは、

電車代は、レシートが出ないのだけど、経費で落とせないの?

ということです。

原則的に、電車代は、レシートが出ません。ですので、レシートに頼ることはできません。その代わり、明細をエクセルなどで管理することで、経費にすることは可能です。

今すぐ相談する!

3.領収書・レシートがない場合の対応

青色申告会等では、出勤伝票を作成することを勧められますが、明細書でも大丈夫です。

一例として、こんな明細書を作ればよい、というひな形を上げておきます。

平成19年 経費清算内容/仮払い申請内容 金額
7月2日 クライアントA伺い
(JR埼京線:北赤羽〜JR武蔵野線:新小平、片道)
540円
7月4日 クライアントB伺い (赤羽〜小伝馬町) 540円
7月6日 クライアントB伺い (赤羽〜小伝馬町) 540円
7月7日 クライアントB伺い (赤羽〜小伝馬町) 540円

 

勘違いしないで欲しいのは、

「架空の経費を計上する」というわけではない、

ということです。

悪気が無いのはわかっているのですが、明らかに脱法行為を行う事を、容認するものではありません。慎重に対処して下さい。

今すぐ相談する!


スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の準備と対応

節税の第一歩は月次試算表

期中の節税対策・税金対策

期末の節税対策・税金対策

別組織の利用

税制の利用

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却資産とは?

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

納税スケジュール(法人)

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ

スポンサーリンク