節税サポート ~税理士須貝明弘事務所~

節税対策サポート > 節税対策のポイント > 期ズレ、売上計上を次期にずらす-誤った節税対策

期ズレ、売上計上を次期にずらす-誤った節税対策

  1. 期ズレとは?
  2. 継続性が大切

期ズレとは?

商売を始めると、「売上」を上げるのが大変重要になってきます。「売上」を上げないと、経費を払うことができないからです。自分やスタッフのお給料も払えません。

しかし、少しうまくいき出すと、安易に考え出すのが「売上」です。

勿論、契約を取ったり、販売したりすることに、妥協は無いでしょう。ここで、指摘したいのは、「儲かると、売上の計上を次期にずらす」という、いわゆる“期ズレ”をいとも簡単に選択してしまうことなのです。

「期ズレって何?」

あなたは、そうお聞きになるかもしれませんね。

“期ズレ”とは、本来は、当期の売上に計上しなければならない「売上」を、操作して、翌期に回すことなのです。

つまり、その分当期の売上は少なくなり、利益も圧縮でき、税金も減少できるということです。

今すぐ相談する!

継続性が大切

「そんなことができるの?問題ないのなら、やればいいんじゃない?」

いえ、そうは簡単にいかないのです。なぜなら、会社の好き勝手に期ズレを許すと、税金を減らすことになるのです。次の図を見てください。

売上は、どの時点で計上するのかは、「出荷」、「到着」、「検収」のいずれでも良いのです。

ですから、出荷時点で計上することで通すのであれば、問題ないのですが、次のように、出荷の後、到着の前に期末が来てしまうと、処理を考えないといけないのです。

出荷時点で、売上を計上していても、

「相手に到着した時点で売上の計上にしてしまえ」

と思った場合、それはそれで良いです。別に違法ではありません。

問題は、毎期〃〃、それをコロコロと変えてはいけないということなのです。

設立当初は、出荷時点で売上を計上していました。当期は、利益が出すぎるので、到着時で売上を計上することに変更しました。来期は、利益が足りないので、「また、出荷時点の計上に戻すか」

これは、認められません。なぜなら、会計や税務には、「継続性」が求められるからです。

常識的に考えても「継続性」が必要なのはおわかりいただけますね。

~節税対策のポイントコラム~

会計帳簿?それ何?

レシーのもらい方で経費が変わる

社会保険をお忘れではないですか?

届出って、どんなことをしないといけないの?

給料の決め方のポイントとは?

知っておくべき消費税の重要項目

売上計上、安易に考えていませんか?

儲けているのにお金が足りないのはなぜ?~キャッシュ不足の回避方法

「株買ったから。これで利益圧縮できますよね?」

法人か個人事業どちらが得か?

関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

節税サポートのホーム

相談・お問い合わせ

節税サポートアクセスランキングTOP10

貸倒引当金

対象になる受取配当等-営業外損益(特別損益)の取り扱い

特別償却(減価償却)

留保金課税

貸倒損失とは

特別控除(収用など所得)とは

製造業の勘定科目~製造原価報告書関連(工場の費用)

減価償却費の損金算入

租税公課の納税充当金

減価償却資産の耐用年数表(別表第一)機械及び装置以外の有形

節税サポートカテゴリ

▼税金対策・節税対策と税務調査

節税・税金対策コラム

税務調査の内容と目的、対策方法

節税方法~経費の処理や科目による対策

期末の節税対策・税金対策

開業時・別会社・M&A・税制利用で節税

付帯税の税率や計算方法(利子税、延滞税、重加算税など)

▼法人税法の解説

法人税法の基礎知識

法人税額計算

繰延資産

減価償却と控除

留保金課税

営業外損益・貸倒・欠損金

その他の経費

帳簿上の勘定科目一覧

▼減価償却と特別償却

減価償却、超過額と限度額、償却方法や損金算入

租税特別措置法の減価償却

▼役員報酬(給与)の損金扱いと同族会社

役員給与(役員報酬)

役員報酬を損金算入

同族、非同族の同族会社、特殊支配同族会社

特殊支配同族会社の役員給与損金不算入

▼届出・決算・申告・納税について

決算スケジュール

税金の申告・納付

法人の税金と納税スケジュール(法人)

個人事業が納める税金

納税スケジュール(個人事業)

SiteMenu

節税サポートのホーム

事務所案内

相談・お問い合わせ