財務サポート 〜行政書士赤沼法務事務所〜

資金繰り財務サポート > 財務諸表による財務分析 > キャッシュフロー計算書による財務分析(安全性)

営業キャッシュフロー対投資キャッシュフロー比率
 〜会社の安全性

これは、バランスのとれた投資を行っているか?を判断する数値です。

営業キャッシュフロー対投資キャッシュフロー比率

営業キャッシュフロ−対投資キャッシュフロ−比率=営業CF÷投資CF×100

この指標は、営業キャッシュフローを投資キャッシュフローで割ったもので、投資キャッシュフローを営業キャッシュフローがどの程度カバーしているのかを表しています。

100%以上であれば、営業キャッシュフローで投資に必要なキャッシュがまかなえているので、投資に対して新たな資金調達をしなくてもよいことになります。

逆に、100%を切ると、通常の営業活動だけでは投資に必要なキャッシュをまかないきれず、資金の流出が常態化している可能性があります。

したがって、この比率は基本的に100%以上であることが望ましいといえます。

ただし、新規事業を立ち上げるようなときには、営業キャッシュフローだけで投資全体をまかなうことができないこともあります。

ビジネスチャンスを逃さないために、営業キャッシュフローを上回る先行投資が必要なときもあるのです。

ですから、この指標を見るときは、成長性と安全性の両方に着目して分析しなければなりません。

今すぐ相談する!



関連ページ(広告が含まれています)